<   2018年 09月 ( 134 )   > この月の画像一覧

海外サイト で、
スズキので電動化計画についての記事がありました。


e0343333_21081936.jpg



e0343333_21082437.jpg





[PR]
by ganbaremmc | 2018-09-20 21:08 | スズキ | Comments(3)

クルマとは関係ありませんが・・・・・・

日本郵便が名字について詳しく調べられるサービスを開始

ありきたりの名前でも調べる価値があります


ちなみに僕の名字は「 ●田 」で、珍しくありませんが、
由来についていろいろ知ることができますよ。


[PR]
by ganbaremmc | 2018-09-20 20:54 | ニュース・その他 | Comments(0)

日産自動車は9月19日、ドイツで開幕したハノーバーモーターショー2018(IAA商用車)において、改良新型『e-NV200』(Nissan e-NV200)をワールドプレミアした。


欧州の計測モードで最大300kmの航続を実現した。
これは従来モデル比で6割以上の航続拡大となる。
・・・・・・・・・
[PR]
by ganbaremmc | 2018-09-20 20:39 | 日産 | Comments(1)

マツダ エンジン開発者 上月正志氏
デミオ ガソリンエンジン1.5 について


「 従来より200cc排気量を増やしたことにより、アクセルを踏む右足にも余裕が感じられるはずです 」
「 カタログ燃費値がこれだから実燃費はこのくらい・・・・。 」
という発想をなくしたい。
特に力を注いだのは、日常的なクルマの使い方を想定した“WLTCモード”での燃費性能という点だ。
・・・・・・・・・・・


[PR]
by ganbaremmc | 2018-09-20 20:35 | マツダ | Comments(0)

まずは新型スープラでドリフト走行!



「Auto Express」による新型 トヨタ・スープラ(プロトタイプ)の試乗レポートを日本語で紹介します。
スープラを運転して最初に感じたのは、その見事なバランスの良さだ。
アクティブダンパーはポルシェ・718 ケイマンのごとくピッチやヨーをコントロールしてくれる。ステアリングはリニアで動きもクリーンで、すぐ自信を持って運転できるようになる。
・・・・・・・・・

アシスタントチーフエンジニアの甲斐将行氏の発言より
●BMWとの共同開発がなければスープラの復活はなかった ・・・・・・
●MTの採用について ・・・・・
●価格は ・・・・・・・・・
●8気筒エンジン搭載? ・・・・・・・・・
●ミッドシップに? ・・・・・・・・・
●サーキットモデルは? ・・・・・・・・・・・・


[PR]
by ganbaremmc | 2018-09-20 20:28 | トヨタ | Comments(0)

国沢光宏氏のブログより

e0343333_19570713.jpg

新型スープラが全く盛り上がらない。
ベストカーでもカートップでもWebメディアでも取り上げてます。
けれど読者からの反応”ほぼ”無いそうな。
雑誌やWebの編集者に聞くと、異口同音 「 あまりにカッコ悪いからだと思います 」。
・・・・・・・・・・

More
[PR]
by ganbaremmc | 2018-09-20 19:57 | トヨタ | Comments(10)

マツダは、レンジエクステンダーEVに使用するロータリーエンジンの特許を取得しています。

e0343333_23272006.jpg


特許6390553 ロータリエンジン
近年、電気自動車の航続距離を延長するための補助電源として、発電専用のエンジン(以下、「発電用エンジン」と称する)を搭載したシリーズ式ハイブリッド車の開発が進められており、この車両はレンジエクステンダ車とも称される。・・・・・・・・・

[PR]
by ganbaremmc | 2018-09-19 23:27 | マツダ | Comments(0)

自動車・輸送用機器業界の中で、最も平均年収が高かった企業は? 
調査は15年4月1日~18年3月31日にかけて、「キャリコネ」に正社員として登録しているユーザーから給与明細に関する投稿が20件以上寄せられた企業のデータを対象に実施した。
転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査を行った結果、
1位は日産自動車(694万円)だった。
同社は2018年の春季労使交渉(春闘)で満額となる3000円相当のベースアップを実施し、年間で計5.8カ月分の賞与を支給する予定だ。社員からは「完全な実力主義で、年2回(給与の)調整があり、目標の達成度を上司と話し合って金額を決める。ただ、ある程度の階級に上がるまでは、求められる成果が出なくても(想定額の)8割以上はもらえる」との声が寄せられた。

e0343333_21184507.jpg

6位のトヨタ自動車では「(給与などに)特に不満はない。
ランキング雑誌などで平均年収が高くないのは、大卒以外も調査対象に入っているからではないか」との意見が寄せられた。

7位の本田技研工業では「ボーナスの割合が非常に大きく、会社の業績がよいと新卒でも年間100万円を超える金額が出る」など、賞与に高い評価が集まっていた。



スバルは三菱自動車より待遇わるいの?


[PR]
by ganbaremmc | 2018-09-19 21:18 | 日産 | Comments(4)




こちらの動画は内装が撮られています。




[PR]
by ganbaremmc | 2018-09-19 20:32 | トヨタ | Comments(0)

先日、紹介したこちらのブログ、
「 」が、
国沢光宏さんの目に留まったようです。

ホンダに厳しいと言われる私が少し状況を説明したい。
まずブログを書いた方は先進安全や自動運転の部門にいたとのこと。
この分野、タイヤや変速機などと似ています。
タイヤは自動車に必ず付いている部品ながら、開発はタイヤメーカーに丸投げしている。
・・・・・・・・・

e0343333_20082258.jpg


今のところ、「仕事は丸投げ」ですが、
更新していくそうなので、
まだ書きたいことがあるのではないでしょうか?
そのブログに寄せられているコメントもご覧ください。
他メーカーの方からもありますよ。


[PR]
by ganbaremmc | 2018-09-19 20:08 | ホンダ | Comments(5)