<   2018年 09月 ( 131 )   > この月の画像一覧

マツダ 1300cc車は国内販売終了

マツダは排気量1300ccの自動車の国内販売をやめる。

e0343333_20370903.jpg

小型車デミオを8月30日に全て1500ccに改めた。コンパクトカーを中心に40年以上採用してきたが、排気量を増やした方が「走りの良さ」を売りにするブランドイメージに合い、燃費の向上にもつながると判断した。

1970年、ファミリアプレストで1300ccのガソリン車を初めて販売。その後のファミリアシリーズの一部などに採用してきた。これまでのデミオは大半が1300ccで、スポーツ仕様の1タイプだけ1500ccだった。

マツダは今回のデミオの改良で「ゆとりあるスムーズな走り」を目指している。アクセルの踏み込みやシフトダウンの頻度が減り、燃費の改善が期待できるとみる。他メーカーの競合車種は1300ccが多く、違いを出す。



[PR]

by ganbaremmc | 2018-09-01 20:37 | マツダ | Comments(3)

http://steroid-pharm.com

my-mebel.net/blog/uspeshnaia-dobcha-hlynystoho-sria

www.pureshop.com.ua