<   2018年 04月 ( 172 )   > この月の画像一覧

安全性が高められたのは朗報だが、
価格の上昇幅がちょっと大きすぎるのではというのが正直なところ……。
ここにi-MiEVの置かれた厳しい状況が垣間見える。

2017年の国内における販売台数は、なんと153台。
グローバル(日本を含めて世界52カ国)を含めても、わずか485台にすぎない。これにはグループPSAにOEM供給しているぶんは含まれていないが、それでも総数は推して知るべしだ。母数が少ないため、わずかな改良でも価格に転嫁せざるを得ないのであろう。


もっとも、この程度しか売れないのでは“やめる”という選択肢もあったはずだ。
軽規格から外れ、価格も大幅にアップしたのでは、2018年の見通しも明るいとはいえない。それでも販売を継続するのは、三菱のEVの象徴という役割があるからだ。世界初の量産EVを送り出したパイオニアとして、ラインナップから乗用EVを外すわけにはいかないのだという。

この言葉を額面どおりは受け取れないが、販売を継続するメリットを見いだすとすれば、世界を駆けるi-MiEVのデータが、未来への大切な資産となるという点だ。三菱の益子 修CEOも軽EVの開発を継続していることを明らかにしており、将来的には新たな軽規格のEVが登場するだろう。その“新型”には日産・ルノーとのアライアンスによる量産効果も期待できるため、価格的にもより身近なものとなるはずだ。次世代にバトンを渡すまで、i-MiEVは走り続ける。


[PR]
by ganbaremmc | 2018-04-25 20:25 | 三菱自動車 | Comments(6)



三菱自動車工業は4月25日、ミニバン「デリカD:5」を一部改良。
これに合わせて特別仕様車「JASPER(ジャスパー)」を発売した。
価格はベースモデルのデリカD:5が240万8400円~405万5400円、特別仕様車のジャスパーが357万480円~374万7600円。今回のデリカD:5一部改良では、フロントマスクにアンダーカバー一体型のフロントバンパープロテクターを装着し、これまで以上に力強くアクティブなイメージを与えている。
また、2017年4月に発売された既存の特別仕様車「アクティブギア」もベース車同様にフロントマスクのデザインを変更したほか、専用シート表皮となるスエード調人工皮革にはっ水機能を追加するなどの変更が行なわれて継続販売となっている。価格はこれまでと変わらず376万3800円~393万6600円。

新たに設定された特別仕様車のジャスパーは、夏の山や森林をイメージした専用色の「ディープシーグリーンマイカ/アイガーグレーメタリック」を設定。ボディ側面に広大な山並みや鹿を描いたサイドストライプ&デカール、テールゲートに「JASPER」デカールを装着してアウトドアでのレジャーイメージを表現している。

・・・・・・・・・


[PR]
by ganbaremmc | 2018-04-25 19:59 | 三菱自動車 | Comments(0)

スバルは4月25日(現地時間)、モーターアシスト仕様の新型パワーユニット「INTELLIGENT BOXER(中国仕様ユニット名称)」を搭載する新型「フォレスター」中国仕様を、中国北京で開幕した「北京モーターショー 2018」で公開した。 
新型フォレスターは、3月29日に「ニューヨーク国際自動車ショー」において世界初公開された同社の世界最量販車種。中国市場にモーターアシスト仕様車を投入するのは同社初となり、会場では「XV」のモーターアシスト仕様車も公開された。 新型パワーユニット搭載車は、モーターアシストにより4WDモデルとしてSUVカテゴリートップレベルの低燃費を実現するなど、優れた環境性能を確保しながら愉しい走りを実現するとしている。




[PR]
by ganbaremmc | 2018-04-25 19:50 | スバル | Comments(2)

三菱「ランサー」はどうやらクロスオーバーに大変身して復活するらしい。
「エクリプス」はすでにクーペのルーツを捨て、コンパクトSUV「エクリプス クロス」となった。
そして次は、ランサーが車高の高いクルマに生まれ変わる番だ。

三菱はすでに昨年の東京モーターショーで、クロスオーバーSUVタイプのコンセプトカー「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」(画像上)を発表し、かつて成功を収めた三菱の「エボリューション」という名称と、新しいクロスオーバーの狙いを組み合わせ、同社の新たな成長と発展、これからのクルマづくりの方向性を示した。
そして今回、三菱のCOO(最高執行責任者)を務めるトレバー・マン氏とデザイン本部長の國本 恒博氏は『AutoExpress』によるインタビューで、ランサーはe-Evolutionの方向性を取ることをほのめかしている。 三菱はランサーが属するセグメントにおいて今後10年間も依然として成功が見込めると思っているようだが、必ずしもフォード「フォーカス」やフォルクスワーゲン「ゴルフ」と、従来型のハッチバックや3ボックス・セダンで競合しようと思っているわけではない。「このセグメントに適した解決策があると我々は考えています」とトレバー・マンCOOは語っている。「(このセグメントの)販売台数は中国ではまだまだ伸び続けています。つまり魅力があるのです。世界的に見れば巨大なセグメントですから、注目し続けています」。
デザイン本部長である國本恒博氏は、「Cセグメントだからといって、従来型のハッチバックである必要はありません。新しいタイプのハッチバックを作ることができると思います。我々はまったく新しい発想をしているのです」と語っている。
ランサーの実質的な後継モデルは、ルノー日産アライアンスのプラットフォームに、三菱自社製ハイブリッドを搭載し、さらに4輪駆動を設定することで「ランサーエボリューション」の伝統を引き継ぐ。少なくともエボリューションという名前の使用を部分的に正当化できる。

e0343333_19153532.jpg

トレバー・マンCOOによると、2025年までの長期的な製品スケジュールが予定されており、三菱はラインアップにある既存のクロスオーバー「アウトランダー」と「アウトランダースポーツ」(日本名:RVR)の後継モデルを発表するという。そして現在、三菱はランサーと「モンテロ」(日本名:パジェロ)に全力を注いでいる。両車ともフルモデルチェンジが行われたのは、10年以上も前のことだ。ロングセラーだったランサーは米国では段階的に縮小され、昨秋に販売を終えている(日本でも2017年12月に生産終了)。 
[PR]
by ganbaremmc | 2018-04-25 19:15 | 三菱自動車 | Comments(8)

トヨタ自動車は4月24日(現地時間)、中国・北京で開催される「北京モーターショー 2018」(4月25日~26日:プレスデー、4月27日~28日:特別招待日、4月29日~5月4日:一般公開日)を前に、中国市場に導入するコンパクトSUV「C-HR」「IZOA」を発表した。 


中国市場に投入されるC-HR、IZOAには、TNGA(Toyota New Global Architecture)による新しいパワートレーンとして、新型直列4気筒 2.0リッター直噴エンジン「Dynamic Force Engine(2.0L)」と発進用ギヤを備える新型CVT(無段変速機)「Direct Shift-CVT」が採用される。発表会場ではトヨタ自動車 専務役員 中国本部本部長の小林一弘氏らが登壇してTNGAをはじめとする同社の取り組みを紹介するとともに、C-HRについてはニュルブルクリンクで鍛え上げたモデルであることを強調。また、C-HR、IZOAにインスピレーションを受けたファッションショーなども行なわれ、高感度な人に向けてトヨタの存在感を示した。 


[PR]
by ganbaremmc | 2018-04-25 00:04 | トヨタ | Comments(4)

e0343333_23510696.jpg

三菱待望の新型SUV エクリプスクロスの1日試乗をしてきました。
こちらの動画は高速道路編になります。
試乗車はエントリーグレード「M」FF車両になります。
この車で高速道路を走行し、新型1.5Lターボエンジンの実力はホンモノだと思いました。CVTとは思わせないCVTとの組み合わせにより、アクセルひと踏みでしっかり加速してくれます。そのため、合流や車線変更にストレスを感じず快適でした。その他乗り味等は動画をご覧ください。


[PR]
by ganbaremmc | 2018-04-24 23:51 | 三菱自動車 | Comments(0)

サンコーオート様のサイトより

ランクルプラド オーダーストップ
ディーゼルエンジンの一部改良が入ることになり、
昨日まで残り数台だったのですが、本日になりいったんオーダーストップとのこと。
( ガソリン車はほとんど変わらないそうです。 )

e0343333_20235030.jpg

4月下旬から再度オーダー開始で、
一部改良後モデルは6月末から納車開始になる予定でございます。


【 追 加 】

ディーゼルエンジン車にて、インタークーラー水冷化による排ガス値低減。
ラゲージユーティリティレール廃止など。
販売再開は、5月10日
生産開始が、6月1日
納車開始が、6月下旬  の予定でございます。
2018/04/24(火) 12:47 2ch掲示板より

[PR]
by ganbaremmc | 2018-04-24 20:17 | トヨタ | Comments(2)

(株)サンコーオート様のサイトで、
トヨタ C-HRのことが記載されていました。
5/7 一部改良にて、既にオーダーストップ。
4月中旬に再度オーダー開始。
5月末から納車開始になる予定です。



【 追 加 】
四駆の設定しかない1.2ターボにFFが追加されます。
すでにディーラでは見積りもしてくれるようですね。
「 GグレードですがLEDランプは標準装備みたいです。4WDより19万安。 」



トヨタのにある同グレード G-T 4WDの価格は2775600円


[PR]
by ganbaremmc | 2018-04-24 19:56 | トヨタ | Comments(10)



クルマでいこう!で新型シビックタイプRがとりあげられました。
気になる燃費は・・・・

e0343333_19395022.jpg

[PR]
by ganbaremmc | 2018-04-24 19:40 | クルマでいこう! | Comments(1)



マガジンXの最新号がツィートされていました。

数あるタイトルの中で気になったのが・・・・
ダイハツ ミラ・ココアの後継車として新型「K」なるものが。
あとはトヨタC-HRにエントリーモデル追加、ヴイッツが改名?
たしか、ヤリスと統一すると聞きましたが。

[PR]
by ganbaremmc | 2018-04-24 18:55 | ダイハツ | Comments(5)