<   2018年 03月 ( 213 )   > この月の画像一覧



半年にわたってクルマにまつわるアレコレを議論してきた
「国沢光宏の言いたい放題」は今回が最終回!
最終回は「自動車評論家」にスポットを当て、
どのような仕事なのかを改めて伺うとともに、今後の話をしていきます。

[PR]
by ganbaremmc | 2018-03-28 22:54 | ニュース・その他 | Comments(0)

27日、釧路市の市道で22歳の会社員が無免許で車を運転して軽乗用車に衝突し、
乗っていた女性にけがをさせそのまま逃げたとして、28日、ひき逃げなどの疑いで逮捕されました。

e0343333_19492462.jpg

逮捕されたのは、釧路市美原の会社員、藤原竜也容疑者(22歳)です。
警察の調べによりますと、藤原容疑者は27日午前8時ごろ、釧路市緑ヶ岡の市道の交差点で乗用車を運転中、45歳の女性が運転する軽乗用車に衝突し、両手やひざなどにけがをさせたうえそのまま逃げたとしてひき逃げなどの疑いが持たれています。
警察は、目撃者が証言した車のナンバーや、残されていた車のランプの部品などから捜査を進めた結果、藤原容疑者の自宅の駐車場にランプ部分が壊れた車を見つけ、28日朝、逮捕しました。
藤原容疑者は今月9日から運転免許を取り消されていて、調べに対し「免許停止中なのがばれてしまうと思って逃げた」などと供述し、容疑を認めているということです。
警察はひき逃げをした詳しいいきさつを調べています。
[PR]
by ganbaremmc | 2018-03-28 19:49 | ニュース・その他 | Comments(3)

欧州市場におけるディーゼルエンジン車への需要の低下である。

トヨタモーターヨーロッパCEOのゼイル氏は、「 我々は今後、乗用車向けの新しいディーゼルエンジンを開発するつもりはない。HEVへの注力を続けていく 」 と語っている。
ディーゼルエンジン車からの撤退と並行してトヨタが打ってきた方策の一つが、従来型の燃費重視のハイブリッドシステムとは一線を画するよりパワフルで機敏な走りを提供するハイブリッドシステムの追加だ。3代目Aurisでは、2代目と同じ燃費重視の1.8Lハイブリッドシステムの91kWに対して、最高出力を134kWと約47%高めたハイブリッドシステムを新たに導入している。

e0343333_19323121.jpg

ホンダの場合は小型車「シビック」の欧州向け量産モデルでは、
排気量1.6Lのディーゼルエンジン車の設定を残している。
同社の欧州法人で顧問を務めるコンサルタントの山本幸太郎氏によれば、CIVICでディーゼルエンジン車モデルを残したのは、LNT〔リーンNOx(窒素酸化物)吸蔵還元触媒〕のNOx浄化性能が上がったことで、小排気量のディーゼルエンジンでは尿素SCR(選択型触媒還元)システムを使わずに2020年のRDE(Real Driving Emission)に対応可能になったためである。ただし、「(同LNTを適用できるのは)ぎりぎりシビックまでで、それより排気量が大きくなると尿素水なしでは排ガス規制への対応が難しい」とする。

ディーゼルエンジンへ積極的に投資するのが
ドイツ・ダイムラー(Daimler)の高級車ブランド「メルセデス・ベンツ」だ。
ディーゼルエンジンの完成度をより高めるべく3億ユーロ(1ユーロ=130円の換算で390億円)以上を投資したとしている。EクラスやCクラスのPHEVモデルでは、同ブランドにおいてこれまでで最もクリーンで効率的な4気筒ディーゼルエンジンを使う予定とする。それは、「Modular Mercedes engine portfolio」に基づいて当初から電動化を意識して設計しているエンジンという。

[PR]
by ganbaremmc | 2018-03-28 19:34 | ニュース・その他 | Comments(1)









[PR]
by ganbaremmc | 2018-03-28 19:05 | トヨタ | Comments(3)

e0343333_18531198.jpg









e0343333_18554065.jpg

5代目となる新型RAV4は、「Robust Accurate Vehicle with 4 Wheel Drive」(SUVらしい力強さと、使用性へのきめ細やかな配慮を兼ね備えた4WD)を開発コンセプトに設定し、お客様の好奇心を刺激し、新たなライフスタイルを切り拓くきっかけとなるクルマを目指しました。真の「SUVらしさ」を追求し、タフで力強いアクティブさを充実させるだけではなく、都会にもマッチする洗練されたデザインも重視しています。運動性能では、トヨタのクルマづくりの構造改革である「Toyota New Global Architecture(TNGA)※2」に基づく新プラットフォームの採用を通じて、ボディの高剛性化・低重心化を図っているほか、さらなる燃費性能と高い操縦安定性・走破性を目指して開発した新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」(ガソリン車)および「新型E-Four」(ハイブリッド車)をトヨタで初めて採用し、乗り心地を犠牲にせずに、どのような路面でも意のままに走行できる操舵性と走行安定性を実現しました。新型RAV4の米国での発売は、2018年末頃(ハイブリッドは2019年初)を予定しています。なお、日本においては、2019年春頃を予定しています。 
[PR]
by ganbaremmc | 2018-03-28 18:55 | トヨタ | Comments(15)

三菱自動車は3月28日、愛知県岡崎市の技術センター内に、
社員研修施設「過ちに学ぶ研修室」を開設したと発表した。

e0343333_18373521.jpg

過ちに学ぶ研修室は、燃費不正問題など過去に相次いだ安全や品質に関する三菱自動車の諸問題について、改めて学び直し教訓を得ることで社員の意識を高め、記憶の風化を防ぐことが狙い。社員は研修時、解説員の案内の下、問題発生当時の報道や顧客・社員の声をまとめたビデオを視聴。その後、2000年のリコール隠し以降の諸問題を時系列で解説したパネルや不具合部品の実物大モデルを見学する。 同社は燃費不正問題以降、再発防止策として様々な改善策を導入してきたが、同施設もその一環。入社時や昇進時などの社員向け研修プログラムに組み込むことで、継続的に活用する予定だ。 

e0343333_18375136.jpg

この人の存在自体、過ちです。

[PR]
by ganbaremmc | 2018-03-28 18:38 | 三菱自動車 | Comments(8)

SUBARU(スバル)で発覚した燃費データの改ざんを巡り、
複数の従業員が関与し組織的に不正が行われていた可能性が強いことが27日、
関係者への取材で分かった。


これまで組織ぐるみの不正を否定していた。
同社は車両の性能などへの影響を調べるが、リコール(無料の回収・修理)に発展する恐れもある。

残された検査記録を調べる過程で、改ざんが疑われるデータが複数見つかった。
スバルは今月末までに調査結果をまとめると説明していたが、
不正の原因や対象台数を精査する必要があると判断。
公表は4月以降にずれ込む見通しだ。


[PR]
by ganbaremmc | 2018-03-28 10:29 | スバル | Comments(5)

2ch掲示板に投稿されていました。
新型フォレスターの斜め後ろ姿です。
動画だと思いますが、見つかりませんでした。







[PR]
by ganbaremmc | 2018-03-28 09:53 | スバル | Comments(14)

マツダCX-8は月販目標1800台に対し、受注3ヶ月で2万台近く売れたという。
ほぼ同じ時期に発表されたレクサスRX450hL(全長を伸ばして3列目シートを加えたタイプ)も好調な売れ行きらしい。SUVの3列目シート付き車は実用的なのか?

e0343333_09271941.jpg

CX-8にジックリ試乗してみた。
クルマ好きにとって重要な「走る楽しさ」だけれど、・・・・・・・・・

[PR]
by ganbaremmc | 2018-03-28 09:27 | マツダ | Comments(0)

三菱エクリプスクロスを購入された方のレポートです。

納車から一週間 走行距離440㎞ 平均燃費12.8km

e0343333_01194035.jpg

本日、晴天だったのでちょっとドライブしました。
走行距離 240㎞ 高速 0km 下道のみの走行でACC(すごく便利:0から軽くアクセルで復帰します)
を多用して平均燃費13.8㎞でした。
途中、注文していた灰皿を取りにDラ-訪問。
冬用クロスジャケットをゲットしました。(ちょっと大きめ)

2018/03/24 17:49 価格.com さん


e0343333_01195135.jpg
e0343333_01194744.jpg

[PR]
by ganbaremmc | 2018-03-28 01:20 | 三菱自動車 | Comments(6)
У нашей фирмы авторитетный web-сайт про направление https://zaraz.org.ua.
https://magazinpoliva.kiev.ua

У нашей компании авторитетный веб сайт про направление https://showroom-kiev.com.ua.