<   2016年 12月 ( 169 )   > この月の画像一覧



【 その他紹介紹介動画 】








[PR]
by ganbaremmc | 2016-12-27 20:39 | トヨタ | Comments(0)




[PR]
by ganbaremmc | 2016-12-27 13:34 | 三菱自動車 | Comments(0)

スズキは27日、小型車「スイフト」の新モデルを発表した。
新型プラットホーム(車台)の採用で軽量化する一方、内外装にはスポーティーなデザインを採用した。スイフトはスズキの世界戦略車。軽自動車の販売が厳しい中、国内の小型車拡販とグローバル展開という2つの戦略を加速させる。

7b



「走る楽しさをけん引するスズキのフラグシップモデルだ」。
27日、都内で発表会を開いたスズキの鈴木俊宏社長は胸を張った。 
スイフトは日本のほかインドや中国、タイなどで生産するスズキを代表する車種。国内では「軽の盟主」の座を守るスズキが、世界に通用する車を作ろうと2004年に初代を投入したのがスイフトだ。走行性能の高さから欧州でも評価が高く、世界累計販売台数は16年11月に530万台を超えた。 3代目となる新型スイフトは10年以来、6年ぶりのフルモデルチェンジとなる。コンパクトで引き締まったスイフトの良さは残しつつも、スズキが得意とする軽量化を押し進めた。 骨格部分の設計を変え、剛性を高めることで軽くした新型プラットホームを採用。シートやエンジンも軽量化し、車両の重量を従来比で120キログラム軽くし、全グレードで1000キログラムを下回るようにした。マイルドハイブリッドシステム搭載車種の燃費性能はガソリン1リットルあたり27.4キロメートルと従来の26.4キロメートルから高めた。 デザイン面では、メーターといった内装、前方の「顔」にあたるフロント部のデザインを改良するなどスポーティーさを前面に出した。 国内では1月4日から発売する。15年春の軽自動車税引き上げで、軽を主力とするスズキにとって国内販売は厳しい環境が続く。全国軽自動車協会連合会によると、軽の新車販売台数は11月まで23カ月連続の前年割れだ。 状況を打開するため、スズキは軽だけでなく、小型車を充実させる戦略をとってきた。16年は2月に多目的スポーツ車(SUV)のデザインを取り入れた「イグニス」、3月にはインドから輸入する「バレーノ」を発売した。目標とする国内登録車販売10万台は16年に達成。17年以降も継続して10万台を上回る販売を目指す。 スイフトはスズキが乗用車シェア4割強を持つインドのほか、欧州といった地域で売れている。累計販売台数の半数以上がインドになる。 欧州でトレンドのスポーティーなデザインを取り入れた背景にも、インドをはじめとした海外で販売を上積みする戦略がある。「欧州で人気のデザインはインドや東南アジアでも同じく人気が出やすい」(スズキ幹部)。 新型スイフトはイタリアと日本のデザインチームが連携して設計。16年1月から英国やドイツで性能試験を繰り返した。 スズキは10月、トヨタとの提携検討を発表したが、「独立した企業として経営する覚悟」(鈴木修会長)は強い。トヨタとの協業もスズキ自身の魅力があってこそ成り立つ。スイフトは国内を皮切りに、来春から海外で投入する計画。スズキが目指す2つの戦略の実現に向け、スイフトは重要なピースになる。(杜師康佑)



[PR]
by ganbaremmc | 2016-12-27 13:30 | スズキ | Comments(20)



思い通りの走りと、美しいプロポーションを追求した新型CX-5。
児玉開発主査と諌山チーフデザイナーがこの車に込めた想いを語る。


[PR]
by ganbaremmc | 2016-12-27 13:11 | マツダ | Comments(2)

黒崎しげるさんのツィートより

三菱ekスペースの諸元表を見ていたら、
なぜかターボ車の方が車重の軽いNA車よりも燃費がいいことに気が付き、
カスタマーセンターへ問い合わせてみました。




[PR]
by ganbaremmc | 2016-12-27 12:59 | 三菱自動車 | Comments(2)

スズキは、小型乗用車のスイフトをフルモデルチェンジし、2017年1月4日より発売する。
価格(消費税込)は、134万3520円~184万5720円。



新型スイフトは、大胆に進化した躍動感のあるスタイルとしながら、歴代スイフトが磨き続けたハンドリング性能の向上に加え、マイルドハイブリッドや軽量化と高剛性を両立させた新プラットフォームHEARTECT(ハーテクト)を採用した。熱効率の向上によって低燃費を追求した1.2リッター自然吸気のデュアルジェットエンジンは、優れた走行性能と燃費性能を両立。RStには1.0リッター直噴ターボのブースタージェットエンジン(無鉛レギュラーガソリン対応)と6速AT採用し、力強い加速感の得られる動力性能と、優れた燃費性能を両立した。さらにスズキ初の装備として、単眼カメラとレーザーレーダーによる衝突被害軽減システムデュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)を採用。周囲の状況に合わせて自動でハイビームとロービームを切り替えるハイビームアシスト機能も付加した。前走車との距離を一定に保つアダプティブクルーズコントロール(ACC)なども装備し、安全装備と運転をサポートする機能を充実させるなど、全ての面において大幅な進化を実現した。

1.2リッター ハイブリッド(加速時にモーターがアシストするマイルドハイブリッド)

1.2リッター自然吸気エンジン搭載車には、ISG(モーター機能付発電機)と専用リチウムイオンバッテリーを組み合わせた独自のマイルドハイブリッド搭載車を設定し、2WD車でJC08モード燃費は27.4km/Lを達成した。

また、減速時のエネルギー回生やアイドリングストップ後のエンジン再始動をISGが行ない、無駄な燃料消費を抑制。さらに最長30秒間のモーターアシストによってエンジンの負担を軽減し、さらなる燃費向上を実現した。

1.2リッター NA(K12C型デュアルジェットエンジン)

熱効率をさらに向上させた1.2リッター自然吸気のK12C型デュアルジェットエンジンを搭載。燃焼改善技術により圧縮比を12.0から12.5まで上げて熱効率を高めるとともに、冷却性能向上や混合気最適化などによりノッキングを抑制した。

低回転域でのトルクの向上に加え、フリクション低減やエンジンの軽量化およびコンパクト化により高い次元で優れた燃費性能と力強い走りを両立した。

1.0リッター ターボ(K10C型ブースタージェットエンジン)

RStには燃費とパワーを両立する1.0リッター直噴ターボエンジンを搭載。直噴化と過給器(ターボチャージャー)により、1.0リッターの小排気量ながら、1.5リッター自然吸気エンジン相当の高出力、高トルクを実現。街乗りから高速走行まで、幅広いシーンで扱いやすく優れた性能を発揮する。

トランスミッションは、ダイレクトなシフトレスポンスを味わえる6速ATを採用した。

39枚の 

【 関連記事 】




[PR]
by ganbaremmc | 2016-12-27 12:42 | スズキ | Comments(4)


[PR]
by ganbaremmc | 2016-12-26 19:59 | 衝撃的動画 | Comments(1)

スズキHPで告知されている
新型スペーシアカスタムZのサイトが更新されていました。
画像だけでなく動画も追加されていますね。






[PR]
by ganbaremmc | 2016-12-26 19:45 | スズキ | Comments(6)


[PR]
by ganbaremmc | 2016-12-26 19:16 | 日産 | Comments(1)




[PR]
by ganbaremmc | 2016-12-26 19:08 | 三菱自動車 | Comments(0)
В интеренете нашел полезный веб портал со статьями про Битумная черепица Shinglas Джаз www.eurobud.com.ua
http://www.progressive.com.kz

Предлагаем вам со скидкой купить горный велосипед в любом городе.