ゴーン容疑者、日産とルノーの経営統合を計画

英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)は20日、
日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)が、
同社と仏自動車大手ルノーの経営統合を計画していたと報じた。

e0343333_11184852.jpg

日産の取締役会は統合に反対し、阻止する手だてを模索していたという。 
同紙によると、日産の取締役の一部は数カ月以内に合併が実現する可能性があるとみていた。ゴーン容疑者は、両社の20年近い提携関係を「不可逆」にするため、統合を計画していたという。 同紙は複数の関係者の話を基に、ゴーン容疑者が統合計画の「けん引役」だったと指摘。日産の取締役会から激しい抵抗に遭っていたと伝えた。 
[PR]

by ganbaremmc | 2018-11-21 11:19 | 日産 | Comments(5)

Commented by 名無し at 2018-11-21 12:08 x
これ逆にゴーンが統合反対だったら所得隠しも企業ぐるみで隠蔽し続けたってことかね
Commented by 通りすがり2 at 2018-11-21 14:03 x
何だかどろどろしたドラマ仕立てな失脚目的のクーデター。
何事も穏便で、不正やら虚偽などが出てこないまともなメーカー製の自動車を購入したくなるな
Commented by フォルティス at 2018-11-21 21:42 x
ぇっ確か?カネゴンは元々は統合反対だったのが 元々国営企業にして未だに筆頭株主のフランス政府が 統合させようとしてて カネゴンは抵抗してたが?(・・;)押しきられそうになってた所にこれやないの?
Commented by ganbaremmc at 2018-11-21 21:58
> フォルティスさん
たぶん三菱自動車の株を買い占めるのも
相当反対されて、押し切ったのかなぁ
Commented by えあろきんぐ・たか at 2018-11-22 01:45 x
ルノーCEO続投の際に統合を仏政府から条件にされたという報道もあり。