マツダ、2030年に全車電動化。ロータリーエンジン復活へ

マツダは10月2日、電動化とコネクティビティの技術戦略を公表。2030年
料採掘から車両走行まで)」視点で企業平均CO2排出量を2050年までに
2010年比90%削減することを視野に、2030年時点で生産するすべての車両に電動化技術を搭載。


構成比は電動化技術を搭載した内燃機関車が95%、電気自動車は5%を想定する。
また電気自動車については、バッテリーのみで駆動するモデルと、これに新開発のロータリーエンジン(RE)レンジエクステンダーを搭載したモデルを開発する。REレンジエクステンダーはバッテリーが一定レベルに減ると発電し、航続距離を延伸に貢献。また気体燃料との親和性に優れることから、LPG(液化石油ガス)を利用した災害時における緊急給電も想定して開発する。コネクティビティ技術については、トヨタ自動車株式会社とのアライアンスを最大限に活用して開発。モデルベース開発と連携し製品開発に反映することで、品質と顧客満足度をさらに向上させるとともに、クルマを通じた体験や感動の共有によって人・社会をつなげ、いつまでも人間らしい心豊かな「生きる歓び」が実感できる、新たなクルマの価値として提案することをめざす。


[PR]

by ganbaremmc | 2018-10-02 18:48 | マツダ | Comments(1)

Commented by 名無し at 2018-10-03 01:03 x
まさか、原動機でなく発電機だから、
排ガス規制の対象外だからREが可能とか?
types of house siding Providence

food thermos

Университетская клиника Германия