三菱自 新型ミラージュ現る。サイズアップか

お待たせしました。
三菱ミラージュの新型モデルがスクープされました。



記事を自動翻訳してみました。

新しい三菱スペーススターを最初に見て、新世代を狩りました!
三菱自動車は、これらの最初のスパイ写真が示すように、三菱スペーススターの新世代の開発にすでに取り組んでいます。 Mitsubishi Mirageとして知られていますが、日本のメーカーのユーティリティは重要な改良点を明らかにするでしょう。彼のデビューは2019年に予定されています。
三菱スペーススターの新世代はすでに進行中です。ここ数ヶ月、三菱の効用に苦しむ世代交代を取り巻く多くの未知のものを明確にするための光を見たいくつかの報告がありました。三菱ミラージュなどの特定の市場で知られているが、私たちは既に予想される改装を最初に見ている。
そうです、私たちのスパイカメラマンは初めて、新しい三菱スペーススター2020を捜しました。日本のメーカーは南ヨーロッパでの開発に取り組んでいます。新しい駅が入る前の数日間の熱を最大限に生かすために、三菱は数多くの道路試験を行うことに決めました。
新しいルノー・クリオと日産・ミクラの足跡をたどり、いわゆる「アライアンス」と矛盾する第3の実用的なセグメントBは、これらのモデルと密接な関係を維持する。クリオは、2018年のパリモーターショーのために来年10月に設定されているため、デビューは間近だが、まだ発表されていないことに注意してください。
世代交代と三菱スペーススターを苦しむことになる最も重要な変化の一つは、プラットフォームがCMF B、ルノーと日産のモデルで使用したのと同じを使用しますので、そのベースに関係しています。このプラットフォームを使用するという簡単な事実は、新しいスペース・スターがダイナミックなレベルで安全性を向上させ、ブランドが望むならば新しいタイプのメカニックを持つことを可能にします。
MicraやClioと同様に、三菱モデルは独自の個性を持っています。あなたのデザインは非常に差別化されます。ユニットは、カモフラージュの多くを狩っているが、あなたはプロポーションと形を垣間見ることができますスペーススターを提供しています。私たちは、新しい世代を遊ばすますいくつかの新機能を知るために、いくつかのカモフラージュを削除マークを待ちます。
三菱スペーススターが「クロスオーバーサンダー」のイメージを採用する可能性を示す情報は無視してはいけません。しかし、これらの最初のスパイ写真を見ることは複雑に思えます。我々は慎重でなければならない。三菱が新しいモデルに適用している新しいデザイン哲学を採用してください。
機械的セクションに関して、現在の情報は、低レベルの消費と一緒に溶媒性能を提供する小排気量エンジンを指し示している。その他のオプションには、95リッターエンジンを搭載した0.9リッター3気筒エンジンと1.5リッター4気筒エンジンがあります。また、100%電気バージョンの可能性についての推測もあります。
それはいつ発表されますか? 2020年のモデルは新しいスズキスイフトに直面して到着したとして、それが販売されるので、新しい三菱スペーススターのデビューデビューは、まだかなりの時間を待たなければならディーラーでそれを確認するには、来年2019年に設定されています。あなたは最近の時間が第二または第三の飛行機に降格されたので、あなたは簡単なことはありません。

機械的セクションに関して、現在の情報は、低レベルの消費と一緒に溶媒性能を提供する小排気量エンジンを指し示している。 その他のオプションには、95リッターエンジンを搭載した0.9リッター3気筒エンジンと1.5リッター4気筒エンジンがあります。 また、100%電気バージョンの可能性についての推測もあります。
それはいつ発表されますか? 新しい三菱スペーススターの社会でのデビューは、来年の2019年に予定されています。ディーラーでの見通しは、2020年モデルとして販売される予定であるため、まだまだ待たなければなりません。 あなたは最近の時間が第二または第三の飛行機に降格されたので、あなたは簡単なことはありません。 





[PR]
Commented by かかし at 2018-09-26 20:36 x
まじか、、期待できそう
Commented by 通りすがり2 at 2018-09-26 21:27 x
いよいよ!本格的に日産ベース車な三菱誕生か?!
ノートべース?マイクラじゃなさそう。
ベースがあると開発早いね
ミラージュじゃなく、スペーススター?と改名するのか?
まぁコルトじゃなくて良かったかも、、、。
Commented by えあろきんぐ・たか at 2018-09-26 21:49 x
シルエットは現行と酷似しているような気もするけど。バンパやフロントのサイドウインドは違うけど。現ミラージュ開発のスクープもコルトのボデーでしていたっけな?。
もしかして車台をアライアンス換装してコストダウンする為のモデルで寸法調整とスタイル調整にも見えてしまう。
コルトから現行モデルが出た際の唖然が今も残りトラウマ・・・。本当に発売され、荷室の大きいタイプが出るなら見に行きます。
Commented by 名無し at 2018-09-26 22:05 x
スペーススターは欧州名だよね。ミラージュの商標をゲンバラが押さえてるとかで...
Aピラーを前進させたキャブフォワードなフォルムはミラージュと言うよりもコルトに近いね。細部の意匠は現行と比べると遥かに現代的というか、上質になったと感じる。
リアタイコの形状なんかはマーチやノートのそれとよく似てるけど、やはりVプラットフォームに移行するんだろうか。
Commented by H82W乗り at 2018-09-26 22:06 x
2020年モデルということは、来年後半のデビューですか。
Commented by 名無し at 2018-09-26 22:54 x
このテストカーは新型ミラージュではなくて、ホンダの新型フィットではないでしょうか?履いているタイヤが先代フィットシャトルのアルミホイールに似ていますし、偽装カバーの模様が以前にこちらで記事になった発売前の新型フリードのものと同じ様に見えます。

フリードテストカー
https://pornopipi.info/24527765/

ちなみに三菱のテストカーの偽装カバーは、こちらで記事になっている新型デリカと新型トライトンで同じ模様に見えます。

新型デリカ テストカー
https://pornopipi.info/27472048/
新型トライトン テストカー
https://pornopipi.info/27526937/
Commented by 名無し at 2018-09-26 23:05 x
元気な男の子ですよ~
Commented by スバル軽乗り at 2018-09-26 23:18 x
スペーススターとekの間の欧州Aセグメント車も欲しいな。
Commented by 名無し at 2018-09-26 23:55 x
これ現行型じゃないの?
マイチェン?
Commented by HIROSHI_eK at 2018-09-27 00:11 x
リアの窓形状はまさに似てますね、日産マイクラ!
CMF-Bプラットフォームを使って新型ミラージュ!!
低燃費のターボチャージャー待ってます。
走りもイイ、燃費もイイ、PHEV系があれば尚更イイ
生まれ変わる新時代のミラージュに期待しています。
Commented by 三菱自動車社員の家族 at 2018-09-28 09:11 x
マイクラは、Aピラーが太くて、Aピラーの補助ピラーが細いけど、スクープ画像の車両は逆になっている。プラットフォームが同じなら、この程度のことはありなのかなあ?偽装とタイヤホイルがホンダみたいだし。スクープ元はこれが三菱の車だと特定したのか不思議でならない。
次期ミラージュはSUV色がつけられるらしいけど、社員の家族親せきで、普通の車に乗りたい人の要望からどんどん外れていくのが辛いなあ。SUVって価格が高いし、乗り降りが辛いし、燃費は悪いし、洗車しにくいし。それでも家族親せきは購入しなければならない。三菱はどこまで社員の家族親せきを苦しめれば気が済むのやら。いっそのこと三菱が無くなってほしい。
せめて、歌舞伎の隈取りみたいなダイナミックシールドはやめてほしい。メッキパーツゴテゴテは貧乏くさくて、下品で恥ずかしい。乗っているところを他人に見られたくない。せめて、プジョーやVWのように、メッキ部分を細くしてほしい。シルエットのデザインができないのをメッキでごまかしているようにしか見えない。
Commented by at 2018-09-29 15:20 x
ganbaremmcさん。
これ、前にフィットのテストカーって言ってなかった?
これ、僕が思うには、ミラージュだと思います。
あと、コルトみたいな感じですね。
by ganbaremmc | 2018-09-26 22:28 | 三菱自動車 | Comments(12)