自動車・輸送用機器業界の中平均年収が最も高いのは日産

自動車・輸送用機器業界の中で、最も平均年収が高かった企業は? 
調査は15年4月1日~18年3月31日にかけて、「キャリコネ」に正社員として登録しているユーザーから給与明細に関する投稿が20件以上寄せられた企業のデータを対象に実施した。
転職サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイが調査を行った結果、
1位は日産自動車(694万円)だった。
同社は2018年の春季労使交渉(春闘)で満額となる3000円相当のベースアップを実施し、年間で計5.8カ月分の賞与を支給する予定だ。社員からは「完全な実力主義で、年2回(給与の)調整があり、目標の達成度を上司と話し合って金額を決める。ただ、ある程度の階級に上がるまでは、求められる成果が出なくても(想定額の)8割以上はもらえる」との声が寄せられた。

e0343333_21184507.jpg

6位のトヨタ自動車では「(給与などに)特に不満はない。
ランキング雑誌などで平均年収が高くないのは、大卒以外も調査対象に入っているからではないか」との意見が寄せられた。

7位の本田技研工業では「ボーナスの割合が非常に大きく、会社の業績がよいと新卒でも年間100万円を超える金額が出る」など、賞与に高い評価が集まっていた。



スバルは三菱自動車より待遇わるいの?


[PR]
Commented by 名無し at 2018-09-19 22:10 x
役員報酬が高いランキングでもある
Commented by at 2018-09-20 05:22 x
平均だから、若い社員が多いと低くなる
Commented by えあろきんぐ・たか at 2018-09-20 06:49 x
三菱で491万ですか・・。報告者限定での平均とは言え多くは無いですね。
調査期間中は燃費偽装で工場稼働も低い時期があったのでしょうが国内軽視の影響も甚大なのでしょう。
Commented by Y at 2018-09-23 09:41 x
うちの求人に応募してきたスバルの人は新卒3年目で450ぐらいでしたね。他よりは待遇悪いみたいですね。
by ganbaremmc | 2018-09-19 21:18 | 日産 | Comments(4)