【画像追加】三菱自 新顔トライトンの姿を公開へ

アクアランサーさんのブログより

欧州三菱自動車から
フェイスチェンジされる三菱トライトンが公開。


e0343333_20064226.jpg


海外でも記事ありましたので自動翻訳してみました。

三菱のティアストはL200をfacelifted
三菱は、完全にfacelifted L200の最初のティーザー画像を発表しました。
三菱は、最近数ヶ月の間に更新されたL200の舞台裏で懸命に働いています。ピックアップの現在の世代は、トリトンとしても知られている他の市場でも、2015年に欧州のトリムで発表され、今年は急速に進化しています。
我々はすでにL200の全く新しい銃口を示す画像を見ることになる。現在のモデルのフロントがあまり発音されていない場合は、更新されたL200の前面がはっきりしています。三菱の典型的な「ダイナミックシールド」の設計により、ピックアップは、現在ディーラーと並んでいるL200よりも世界よりも悪質なピースを拾い上げる。現在の世代のL200は、154馬力または181馬力を供給する2.4リットルのディーゼルエンジンで利用可能です。
三菱自動車は、新型L200の発売を三菱製ピックアップの40周年に合わせることができます。 1978年、このブランドはForteの形で最初の仕事場を発表しました。 2018年に三菱は470万台のピックアップを販売しました。フィアットフルバックの形で双子の兄弟を抱えているL200は、トヨタハイラックスやフォードレンジャーのような自動車を直接ライバルとして持っています。


さらに画像を明るくしてみました。


e0343333_22022658.jpg

[PR]

by ganbaremmc | 2018-09-18 22:03 | 三菱自動車 | Comments(11)

Commented by ももすけ at 2018-09-18 18:41 x
日本発売なら、ピックアップトラックバージョンと屋根付き?タイプが選べたらいいのなぁ
Commented by 名無し at 2018-09-18 23:20 x
飲尿健康法ディーゼルで良いから
早くパジェロスポーツと共に国内導入しろって。
それをベースにスペースギア後継も宜しく。
Commented by 名無し at 2018-09-18 23:57 x
フレーム車で4N15で前Wウィッシュボーン後リーフのトライトンは現行自衛隊パジェロと兄弟車。
4N15搭載で、ボンネットにエアスクープの無い自衛隊パジェロは、4年前から日本各地を走ってる。
もうテストは十分でしょ? 

Commented by t at 2018-09-19 00:19 x
スゲーカッコイイ!!
欲しい。買いたい。
Commented by 名無し at 2018-09-19 01:21 x
売れているハイラックスよりカッコいいし,google connectedも売りにして国内でも是非発売を!
Commented by モンテロスポーツ乗り@フィリピン at 2018-09-19 19:15 x
屋根付き?それならパジェロスポーツ(モンテロスポーツ)でしょう。
現行モデル乗ってますが、いい車ですよ。
Commented by 名無し at 2018-09-19 21:24 x
>>現行モデル乗ってますが

なにーーーーーっ!
いいなー
Commented by モンテロスポーツ乗り@フィリピン at 2018-09-19 22:05 x
4N15の8AT、運転していて楽しいですよ~
Commented by 名無し at 2018-09-20 00:19 x
国内向けパジェロにも4N15を早く載せたら良いのに。
もしかして2.5Lのアルミブロックでは、
前が軽くなりすぎてバランス狂うとか?
Commented by cvcc at 2018-09-20 11:24 x
カッコイイですね!

日本でトライトンやパジェロスポーツを出さないのは、
以前に記事であったように新型パジェロを19年という近い将来に発売する事になっていて、
それと顧客が被らないようにパジェロスポーツを出さないという事なんでしょうかね?
それにしても19年とはかなり早いですが、本当なんでしょうかね?かなり大きくなって値段もかなり上がりそうな雰囲気(最近はこういうモデルばっかりですね)。
19年に出ないで、21~23年とかの遠い将来ならば、パジェロスポーツを日本で出した方がいいと思いますけどね。

日本の三菱に体力があれば、少数限定発売で(右ハンドル仕様は既にあるわけですしね)この新型トライトンを出してみたら完売しそうですね。
Commented by モンテロスポーツ乗り@フィリピン at 2018-09-20 20:47 x
日本国内での少数限定販売は難しいでしょう。
取説の日本語化、日本語でのディーラー向けの整備要領書の作成、カタログ作成などコストがかかり過ぎます。
部品の国内在庫のコストなどもありますね。
販売力のない三菱の体力を国内で消耗するのは非現実的です。
絶好調の東南アジアで持てる体力を存分に発揮することに注力することが企業として当然の流れになるでしょう。
http://exstraeconom.kiev.ua

автоковрики

вывоз строймусора в киеве