スバル 新型フォレスターの受注1万3000台突破

日刊自動車新聞より
スバルは14日、6月20日に発表した新型「フォレスター」の累計受注台数が
月販計画の5倍超にあたる1万3282台に達したと発表した。月販計画が2500台。
今月14日発売のマイルドハイブリッドシステム「eボクサー」搭載車は全体の40%を占め、
発売前から人気を集めている。

e0343333_19533946.jpg

2・0リットルeボクサー搭載車が40%。
人気のカラーは「 白 」。
ほとんどが先進安全装備「アイサイトセイフティプラス」を選択。


[PR]

by ganbaremmc | 2018-09-15 19:53 | スバル | Comments(4)

Commented by 名無し at 2018-09-15 21:01 x
よくわからん記事だね。
つまり約3か月半分の受注数が約1.3万台で、
月販計画が2500台なら約3か月半分は約9000台だけど、
実際の受注数はその約1.5倍だったと?
新車ならそんなもんかと。
Commented by 名無しさん at 2018-09-15 23:11 x
満を持して出した新車が月販計画の1.7倍じゃ見栄え悪いからこんな無理矢理なアピールしてんのか?
売れ筋のフォレスターだし見栄張りたかったのかな
1ヶ月で発表しなかったってことはあんまり最初の月は台数出なかったのか?
Commented by 深読みするなー at 2018-09-16 07:29 x
単に,e-BOXERの発売日が14日だったからと思っとけば。。。
Commented by 名無しさん at 2018-09-17 02:06 x
つまり5000台がeボクサーだから
3ヶ月で現車が見れないeボクサー以外が月2700程度か
どのみち新車効果にしては寂しい結果だな…
まじで年間通じて台数がスズキを下回る可能性が高い
переезд офиса

проволока сварочная

гранитная тротуарная плитка