三菱自 中国専用の新型EV公開へ

三菱自と現地合弁会社から新型EVが公開されます。
高速距離は410キロ!



記事を自動翻訳してみました。

または、10月に上場、広州自動車三菱は、EVプリセールス14万
最近、我々は公式の広州汽車三菱の小型電気SUV--集集EV正式にオープンし、販売、無料の生涯のメンテナンスを楽しむために1000人の加入者の前に14万からの補助金の価格から学びました。新型車はフロントとスマートバージョンの両方で発売され、NEDCの巡航範囲は410kmです。
外観、Trumpchi GE3、そのような設計の下縁を囲むフロントグリルなどの調整のみいくつかの詳細、および「チーチーEV」サフィックスと一致チーチーEV形状。ボディサイズに関しては、新車の長さ、幅、高さは4337mm / 1825mm / 1640mmで、ホイールベースはGACと変わらない2560mmです。
インテリアには、8インチフルカラータッチスクリーン、携帯電話のワイヤレス充電、キーレスエントリー、自動始動と停止、効率的な制動エネルギー回収システムなどの実用的な機能が搭載されています。同時に、そのマルチメディアシステムは、QQ音楽、WeChatソーシャル、リアルタイムナビゲーション、ワンクリック検索、インテリジェントな音声などをサポートしています。ユーザーはまた、遠隔自動車の診断、車両の位置付け、遠隔始動および停止、遠隔スイッチドアロック、遠隔制御空調および他のスマートな車の経験を楽しむことができる。
動力に関しては、新車には最大出力180Ps(132kW)と最高速度156km / hのモーターが装備されています。新車を搭載した三元リチウム電池のエネルギー密度は160wh / kgであり、作業条件の巡航範囲は410kmであり、巡航範囲は60km / hで530kmである。急速充電モードでは、充電の80%が30分で充填され、低速充電モードは8時間かかる。



[PR]
Commented by 通りすがり2 at 2018-09-10 21:00 x
中国専用車で良かった!
粗悪な中華製リチューム電池を8時間掛かるような充電を30分と異常な速さで充電を繰り返したら、、、。
数年経過で電池が膨らみ爆発してもおかしくない。
あー恐ろしい。
Commented by kage-rou at 2018-09-11 08:55
中国のEVの普及は日本のはるか上を行っています。今年に入って北京や大連に何度か行きましたが、EVの路線バスや乗用車がたくさん走っていました。例えまだバッテリーの技術が発展途上だとしても、日進月歩で成長しているのでどんどん発展して行く事実は受け止めなければなりません。
Commented by えあろきんぐ・たか at 2018-09-11 20:18 x
商用車でもダイムラーより・・・。今ふそうの国内のHPではまだ形も無いのにEVのブランドや今後大型車にも設定する(小型トラックは日本初で発売)旨仕切りにPR中。少々情けない段階。

中国製は日本にも京都、沖縄で採用され、3年目だけど今の処大きな不具合は無いみたい。
品質の評価はまだこれからの処はあるが、事業に対する本気度は圧倒的に負けてますよね、益子さん。
by ganbaremmc | 2018-09-10 20:06 | 三菱自動車 | Comments(3)