日産 新型アルティマ 2.0可変圧縮ターボ搭載


記事を自動翻訳してみました。

2019ニッサンアルティマSRが差し迫った打ち上げ前に駐車場に着きました
日産アルティマが2019年にディーラーのフォークコートに到着すると、IABリーダーのトムアーウィンは米国の駐車場でその一例を見つけました。
日産は2019年のアルティマをS、SR、SV、SL、プラチナのグレードで販売する。これらの画像にはSRグレードがあり、スポーティな乗り心地とハンドリングのためのユニークなサスペンションとシャーシチューニングが特徴です。 SRグレードは、サンセットドリフトクロマフェアーの独特な塗料のおかげで即座に認識できます。それは19インチの車輪とRakuda Tanステッチングを備えた排他的なインテリアも付属しています。
第6世代の日産アルティマは、日産Vモーション2.0コンセプトに触発されたアスレチックな外観デザインを特徴としています。劇的な表面仕上げ、ラインとディテールは、中型セダンが大胆かつダイナミックに見えるように助けます。 「ロワー、ワイド、そしてロング」は、あなたが間違ってはいけないデザインのアプローチであり、日本の自動車メーカーのデザイナーは、それを適切に打ち出しています。中には、日産のグライダーウイングのダッシュボードデザインのテーマは、最新の形で見られ、8インチのフローティングセントラルディスプレイが支配的です。
機械的な側面に達すると、日産は2つのエンジンオプションを挙げている:KR20DDET 2.0リットルのターボ過給ガソリンとPR25DD 2.5リットルの自然吸気のガソリン。 2.0リッターエンジンは世界で初めての可変圧縮ターボ(VCターボ)ユニットです。これは、圧縮率を高効率(8:1)と低(14:1)の間でシームレスに変更し、より大きな出力とトルクを実現します。
前世代Altimaの3.5リッターV6エンジンを取り替えると、2.0リッターエンジンは248馬力と273ポンドフィートを開発します。 (370.14Nm)のトルクを必要とする。 2.5リットルのエンジンは188馬力と180ポンドフィートを生産する。 (244.05Nm)のトルクを必要とする。 Xtronic CVTは標準です。まったく新しいスポーツセダンはAWDシステムを最初に導入しました。このオプションは、2.5リッターエンジンを装備した構成にのみ適用されます。
日産は2019年のアルティマをS、SR、SV、SL、プラチナのグレードで販売する。これらの画像にはSRグレードがあり、スポーティな乗り心地とハンドリングのためのユニークなサスペンションとシャーシチューニングが特徴です。 SRグレードは、サンセットドリフトクロマフェアーの独特な塗料のおかげで即座に認識できます。それは19インチの車輪とRakuda Tanステッチングを備えた排他的なインテリアも付属しています。
第6世代の日産アルティマは、日産Vモーション2.0コンセプトに触発されたアスレチックな外観デザインを特徴としています。劇的な表面仕上げ、ラインとディテールは、中型セダンが大胆かつダイナミックに見えるように助けます。 「ロワー、ワイド、そしてロング」は、あなたが間違ってはいけないデザインのアプローチであり、日本の自動車メーカーのデザイナーは、それを適切に打ち出しています。中には、日産のグライダーウイングのダッシュボードデザインのテーマは、最新の形で見られ、8インチのフローティングセントラルディスプレイが支配的です。
機械的な側面に達すると、日産は2つのエンジンオプションを挙げている:KR20DDET 2.0リットルのターボ過給ガソリンとPR25DD 2.5リットルの自然吸気のガソリン。 2.0リッターエンジンは世界で初めての可変圧縮ターボ(VCターボ)ユニットです。






[PR]
Commented by 966 at 2018-09-08 19:55 x
めちゃかっこいいじゃないですか!!!
将来的に日本にも来るのでしょうか???
ぜひとも売ってほしいですww
Commented by 遅れて来た名無し at 2018-09-08 22:18 x
可変圧縮比エンジン!
乗ってみたい!!
Commented by まさ at 2018-09-09 09:56 x
地味なティアナ、売れないの、デザインに要因があると思う。なぜ日本使用になるとデザインが地味になりすぎるのか。
Commented by あああ at 2018-09-10 19:31 x
日本だけモデルチェンジされてないからねえ
Commented by 名無し at 2018-09-10 21:29 x
日本だけ現行継続生産で何かしらの法規対応を迫られたらモデル廃止ってパターンでは。
ただでさえこのクラスには(日本では)ハイブリッド専用車のカムリが居るのにハイブリッドが無きゃ誰も相手にしないでしょ。
e-powerなんて子供騙しが搭載出来るのも量販車種のノートとセレナみたいな唯一と言っていい国内専用車枠だけ。
現に日本では虫の息と言える販売実績しか出せないお荷物車種に国内仕様専用のメカニズムを積むなんて、クレバーな日産が決済を出すとは到底思えない。
by ganbaremmc | 2018-09-08 19:14 | 日産 | Comments(5)