マツダ 次期CX-3の投入時期は?

マツダは、タイでのSUV生産を拡大する。
ピックアップトラックの生産終了で生まれる余力を、
世界各地に供給する小型SUV「CX―3」の次期モデルの生産拡大に充てていく。
タイ工場は東南アジアなどでの販売好調によりフル操業の状況が続いている。今後のSUV需要の拡大をにらみ、商品力強化を図る次期CX―3の生産体制を強化することで、さらなる販売拡大に結び付ける。
日刊自動車新聞

e0343333_20411241.jpg

その生産しているピックアップトラックは「 BT50 」。
終了した後は、いすゞの「 D―MAX 」の次期モデルを供給してもらうようです。
新型「 D―MAX 」は2021年までに投入と記載。
「 CX―3 」の次期モデルはそのあたりということでしょうか。

[PR]
Commented by jomon at 2018-09-08 00:19 x
2020 Isuzu D-Max Pickup Truck To Become More Premium And Feature-Rich
https://gaadiwaadi.com/2020-isuzu-d-max-pickup-truck-to-become-more-premium-and-feature-rich/

The third generation 2020 Isuzu D-Max will share its platform with Mazda BT-50 but the design will be completely different for both models
Commented by グランドビタ~ラ at 2018-09-08 05:29 x
↑上の方の翻訳。
2020年いすゞD-Maxピックアップトラックのプレミアム化と多機能化。
https://gaadiwaadi.com/2020-isuzu-d-max-pickup-truck-to-become-more-premium-and-feature-rich/
いすゞD-Max第3世代はマツダBT-50とプラットフォームを共有しますが、両モデルとも完全にデザインが異なります。

元々、BT-50はタイのオートアライアンスで、フォード・レンジャーと兄弟車でした。
次期モデルはフォードとの方向性の違いで共同開発を止めたそうですが、資本関係が無くなったのが原因でしょうね。
同じく、いすゞD-MAXもシボレー・コロラドと兄弟車でしたが、GMがコロラドをプレミアム路線にしたくて、いすゞとの方向性の違いで、次期モデルの共同開発を止めたそうです。
でも、結局はいすゞもプレミアム路線に行くのですね。
マツダもアイデアが生かされると良いですね。
by ganbaremmc | 2018-09-07 20:41 | マツダ | Comments(2)