トヨタ 新型カローラツーリングをパリで公開



記事を自動翻訳してみました。

トヨタカローラツーリングスポーツがパリデビュー前に明らかに
トヨタは、パリモーターショーのパブリックデビューに先駆けてフォードフォーカスライバルの不動産版をカバーしている
トヨタは、カローラの名前の再導入を明らかにした後、パリモーターショーに先駆けてカローラツーリングスポーツの最初のイメージと詳細を発表した。
シートレオンSTのライバルは、今年後半には、通常のハッチバック、フォードフォーカスのライバルの後に、販売する予定です。トヨタのヨーロピアンデザインセンターの様式で、カローラツーリングスポーツはCピラーからのハッチバックと多くを分かち合います。
さらに後方には、上昇する肩のラインとフレアホイールのアーチが側面から見えるが、斜めのルーフラインと急斜面のリアウィンドウは、シューティングブレーキに近い外観を与えるためのものである。完全なLEDの後部ライトがrestyleを完了します。打ち上げ時には標準的な色調と並んで4つの2トーンカラーが提供されます。
外観のように、ツーリング・スポーツには車内のハッチバック以外にほとんど何も表示されません。しかし、トヨタはホイールベースをハッチバック上に60mm伸ばして2700mmとし、クラス最高のリア・レッグルームを主張している。





[PR]
Commented by at 2018-09-04 21:11 x
ぜひ日本国内向けにもカローラスポーツのワゴンの導入をお願いします
Commented by グランドビタ~ラ at 2018-09-05 08:03 x
これ、日本ではカローラ・フィールダーになるんですかね。
随分と立派になりましたね。
ワゴンが少なくなりましたから歓迎です。
Commented by 名無し at 2018-09-05 17:57 x
これが国内ではサイズを3ナンバーにして次期フィールダーとして出るのか、それともサイズそのままでスポーツワゴンとして出るのか…
それともスポーツフィールダーになるのか!?
もしくはグランドフィールダーかフィールダープラスになるのか!?
Commented by ぽん at 2018-09-06 06:03 x
切れ長のヘッドライトに、下唇がついた妙なデザイン。
マツダが昔にやった黒樹脂バンパーを今頃採用とか。(ホンダに続き2週遅れでそろそろ良いかな、と思ったのか?)
酷いね。
Commented by 種無し at 2018-09-06 21:53 x
フグがコンセプト?
Commented by トヨタユーザー at 2018-09-16 16:06 x
今回発表されたカローラツーリングスポーツがカローラフィルダー後継として日本でも出る可能性は高いと考えられる。
ここで問題は、欧州で設定されている2.0Lハイブリッドモデルが日本で設定されるかどうかである。トヨタはdualハイブリッド戦略と称してハイブリッド2種類のパワートレインを搭載する戦略をカローラから行うとしているが、日本で発売されたカローラスポーツは1.8Lのみであった。
これは、1.8Lハイブリッドを積むプリウスや今後2.0Lハイブリッドのパワートレインを載せて発売されるレクサスUXなどとの差別化(すなわちそれらの売り上げを確保したい)との考えからであろうが、日本メーカーでありながら日本の消費者の選択肢を制限しているというのは残念というか、トヨタの日本の消費者に対する姿勢を表していると考えられ残念である。
by ganbaremmc | 2018-09-04 20:55 | トヨタ | Comments(6)