トヨタ 新型クラウン、新型カローラ、発売1カ月の受注

トヨタ自動車は7月26日、フルモデルチェンジした新型「クラウン」について、
発売1カ月で約3万台を受注したと発表した。

e0343333_18395398.jpg

月販目標(4500台)の約7倍と、好調な立ち上がりだとしている。 
新型クラウンは6月26日に発売。スポーティーな外観デザインや走行性能の高さに加え、通信機能を標準搭載するなど新技術も取り入れた。  同時発売した「カローラ スポーツ」は月販目標(2300台)の4倍に当たる約9200台を受注。スポーティーなハッチバックとして登場し、「クルマ好きのお客様や、これまでトヨタ車にお乗りいただいたことのないお客様にも、ご来店、ご好評いただいている」という。


人気グレード順で見て行くと、2.5リッターハイブリッドが全体の80%を占めおり、続いて3.5リッターターボが15%、そして2リッターターボが5%となっている。
なお、納期は2.5リッターハイブリッドが約3~4ヶ月、3.5リッターハイブリッドが約2~3ヵ月、2リッターターボが約1~2か月となっている。 ・・・・・・

これまで受注 発売一か月後
2012年12月25日発売 約25,000台
2008年2月18日発売 約24,000台
2003年12月22日発売 約22,000台
1999年9月24日発売 約26,000台

新型車カローラ スポーツの受注状況は、
6月26日の発売から1カ月にあたる7月25日時点で約9,200台と、
好調な立ち上がりとなっています。


[PR]

by ganbaremmc | 2018-07-26 18:49 | トヨタ | Comments(1)

Commented by クルマニア at 2018-07-26 23:02 x
カローラよりクラウンの方が売れるとは以外かも
กราฟแท่งเทียน forex

replacing roof Providence

www.np.com.ua/holodilnoe-oborudovanie/ldogeneratory-cheshujchatogo-i-granulirovannogo-lda.html