2019年型三菱アウトランダーPHEV欧州仕様、燃費は49.9km/Lと発表

三菱自動車の欧州部門は7月16日、
『アウトランダーPHEV』の2019年モデルに関して、燃費などの環境性能を発表した。

2019年モデルでは、駆動用バッテリーとエンジンを新設計する大幅改良を実施。
モーターやジェネレーターの出力を向上させるなど、プラグインハイブリッドEVシステムの主要構成部品のうち、ほぼ一新といえる約9割のコンポーネントを改良している。エンジン排気量は、2.0リットルから2.4リットルに、400cc拡大。このガソリンエンジンは、カムプロフィールの変更とバルブタイミング制御により、アトキンソンサイクル化を図り、低回転域で効率性の高い発電を可能にした。また、エンジン発電制御を全域で見直し、エンジン音を大幅に低減させることで、発電によるエンジン始動時の違和感を低減。モーター駆動が生み出す気持ちよい走りが、いっそう楽しめるチューニングを施した。さらに、駆動用バッテリーの蓄電容量は、約15%向上させ13.8kWhに。最大出力も約10%引き上げた。ジェネレーターやリアのモーターの出力も約10%向上させることにより、力強い走りを追求している。


三菱自動車の欧州部門は今回、アウトランダーPHEVの2019年モデルの環境性能を発表。国際基準の新燃費表示「WLTPモード」で、燃費は49.9km/リットル、CO2排出量は46g/km、EVモードの航続は45km、と公表されている。


燃費は前と比べてどうなんすかね?

[PR]
Commented by chikichiki at 2018-07-18 21:59 x
たぶん初代PHEVと比べて …
(1) EVの距離がちょこっと短い(かも)* 欧州のルールでの測定なのでよくわかんない…結局おんなじかなあ
(2) 同じEV走行可能距離をもっと少いガソリンでチャージ
(3) もっともっと静かでもっとパワフル (でっかい静かなエクリプスクロスみたいなの)

(1)どうなるかなあ…

バッチグーじゃん。
Commented by 名鉄特急 at 2018-07-18 22:13 x
燃費って、現行モデルのハイブリッド燃費が19.2km/Lですけど、これが49.9km/Lになるという事ですかね??

逆にEVモードは短くなる??
Commented by 通りすがり2 at 2018-07-19 01:59 x
結局は排気量アップで電動化した意味が不明だ。
これじゃ素直にガソリン車2400ccを選択した方が良さそう。ただCVTじゃなぁ~。
当初のEV化は1600ccエンジン搭載したプロトタイプじゃなかったのか?排気量アップはダウンサイジングじゃなくアップサイジング??でかいモーター3つ搭載し、重たい電池もエンジンすら大排気量。本当に環境重視なEV化なのだろうか?迷走に入った?
Commented by scsa at 2018-07-19 05:09 x
※名鉄特急
49.9km/Lはいわゆる複合燃費というやつで、ハイブリッド走行燃費とは異なるよ。
分かりづらいけれど複合燃費は、EVのみで走行できる距離が長い車ほど、ガソリン消費して走る距離とEV走行距離の比率を、EV走行距離の割合を多く換算するようなモデルケースに当てはめるようにして出てくる燃費という感じの値。
だから、持ち家で充電設備設けて使う人は参考になるけれど、マンションやアパート住みで所有して充電する頻度が少ない人はあまり参考にならない数字。
Commented by scsa at 2018-07-19 08:38 x
>結局は排気量アップで電動化した意味が不明だ。

意味は明確ですよ。
当初のプロトタイプから製品スペックにするに当たり2000CCに排気量上げたのも、少ない排気量ではエンジンを高回転で回す必要があって、価格にふさわしい静寂性を担保できないからだった。
そもそもこのクラスの車買う人はコスパで車選びしてなくて、格付けが必要。
それに排気量上げるって言ったってボアストローク比の設定が異なるだけのエンジンシリーズの中で選んでるから原価にあまり違いがない。
ユーザーからは、エンジンをもっと静かにして、モータードライブを活かす方にしてほしいと言われているからそれを活かした結果。税制面でも優遇されているから排気量アップはあまり不利はない。
https://www..com/watch?v=WF6BkhlWoO4
この動画の駆動力テスト、ライバル車は簡単にクリアしているのに、アウトランダーPHEVがクリアできていないのは明らかに出力不足からきているし、スペックアップは必須だった。
Commented by jomon at 2018-07-19 11:35 x
WLTPへの移行とモデルチェンジ時での仕様変更が重なったので訳ワカメですね。

欧州の計算式だと、
(45+25)/25*17.8=49.9
旧は
(52.8+25)/25*22.7=70.6

電池は増えたけどEV走行可能距離は52.8⇒45kmに減り
HV走行燃費は22.7⇒17.8km/Lに減った

WLTPでは1~2割厳しくなると言われてましたからね。


Commented by mtip at 2018-07-19 11:37 x
実用に近い乗り方でEVレンジが45だと、ほぼ変わらない感じですね。
参考までにいま乗ってるPHEVは最高で65km走れました。
49.9はおそらく複合燃費っていうやつなんでしょうけど、これは正直よくわからないんですよね。
感覚的にはもっと走る時もあるし、冬場はもっと短く感じるし。
現行とほぼトントンなのかな。
とりあえず乗ってみたいです。
Commented by 名無し at 2018-07-19 13:14 x
値段は?
Commented by chikichiki at 2018-07-19 14:37 x
なんかこんなリンク見つけたよ。

http://car-moby.jp/314823/2#c1

現行モデルとの比較が出てるんだけどね、暑いから頭回ってない状態で考えてるけど:
(1) 同じガソリン使用量でガソリン・チャージ走行の時により長く走れて多く発電できる。
(2) 回転数が少ない=もっと静か=エンジン消耗が減る(たぶん)
(3) エンジンもっとパワフル=高パフォーマンス
(4) ハイブリッドシステムが向上=EV動力アップ=スムーズな動きアップ(軽くなる運転)=EVで走る時に速度が15㎞/hアップ

すっと動いてすっと2トンが止まるってわけね。向上した分それがぐっときて(ゆっくり止まらないからその力がかかってもっと電気作っちゃう)、もっとガソリン少なくって走れて結果的にもっと長くEV走行できるわけね。

電池いっぱい積んで重く重くするって方向じゃないね。それか車体を軽く軽く(限界を超えて危険性高めて軽みたいにして)してって方向じゃないね。

小さなバッテリーでその周りでシステムを触ってー…

おお良いじゃん。バッチグー。三菱らしい。
Commented by 通りすがり at 2018-07-19 18:50 x
価格はどれくらいあがるのでしょうか?
2000は廃止?
コスパなら現行がお買い得になるのでしょうか?
Commented by PHEVマニア at 2018-07-19 21:54 x
価格は販売店の上層部向けに大体のラインは出てます。
例えば、Gプレミアムは480万円位等、現行との比較で出てます。
Commented by 名無し at 2018-07-20 03:53 x
もしデリカPHEVが出ても500万確実?
補助金フル活用で実質おいくら?
by ganbaremmc | 2018-07-18 20:01 | 三菱自動車 | Comments(12)
ここに

retractable baby gate for stairs

www.adulttorrent.org