ホンダ 新型パイロットPHEV仕様のテストカー

ホンダ クラリティPHEVが今夏日本で発売されると報じたばかりですが、
なんとあの超大型SUVにもPHEV仕様があるようです。

e0343333_20571955.jpg

記事を自動翻訳してみました。

2019ホンダパイロットがPHEVバージョンではじめてスパイした
標準的なモデルは3.5リットルのV6との兵士になります。
今年3月には、ホンダパイロットのプロトタイプが初めてテストされました。
今から4ヵ月後には、プラグインハイブリッドバージョンの車両を描写した、新鮮なスパイ写真のバッチがあります。
今日のパイロットは賢明なプラットフォームに乗っています。これは、改築で大きな構造的改善が行われないことを意味します。代わりに、日本の自動車メーカーは、車両のデザインを更新し、より顕著なグリルと再設計されたヘッドライトを提供します。
しかし、パイロットがオデッセイと共有するハイブリッドパワートレインを得るフードの中ではるかに重要な変更が起こるはずです。このシステムは、最新のAccord Hybridに由来し、効率的な2.0リットルAtkinsonサイクルガソリンエンジンと、212馬力(158キロワット)および232ポンドフィート(314ニュートンメートル)のトルクを組み合わせた出力用の電気モーターを搭載しています。動力はトランスミッションなしで前輪に直接送られます。
アコードでは、ハイブリッド・パワートレインは、ハイブリッド・ドライブ、エンジン・ドライブ、EVドライブの3つの運転モードで運転できます。これらの新しい写真はホンダがフロント左のフェンダーの充電ポイントで判断してパイロット用のハイブリッドシステムのプラグインバージョンを実際に調理していることを示しています。
もちろん、更新されたパイロットは可変シリンダー管理技術と280 hp(208 kW)と262 lb-ft(355 Nm)のトルクを持つ伝統的な3.5リットルV6自然吸気エンジンです。標準では、モーターは6速オートマチックギアボックスに接続されていますが、より高価なツーリングとエリートモデルでは9速ギアボックスを使用します。 AWDシステムは、この範囲で利用できます。
更新されたパイロットは、2018年末に予定されているデビューの後、来年にはいつかディーラーに到着する予定です。小さなSUVで参加して、パスポートの名前を復活させる可能性もありますが、まだ何も確認されていません。 

e0343333_20573865.jpg

e0343333_20572607.jpg

e0343333_20573267.jpg

[PR]

by ganbaremmc | 2018-06-21 20:58 | ホンダ | Comments(1)

Commented by 通りすがり2 at 2018-06-22 18:48 x
なんだか不恰好
バランス悪いデザインだ。
まぁ日本には永遠に投入されないモデル