スバル 新型レガシィか?テストカースクープ

e0343333_21561755.jpg

記事を自動翻訳してみました。

2020年スバルレガシースポットテスト
現在のスバルレガシーが改装を受けてからわずか1年を経た今、次世代スバルレガシーは米国デトロイトで道路試験を受けており、新しいスバルグローバルプラットフォームを使用する予定です。
2020年モデルとして来年デビューする予定のSubaru Legacyは、3月に2019 Subaru Foresterでデビューした2.5リットルの直噴ガソリンエンジンを採用する可能性が高い。 2.0リットルのターボチャージャー付きガソリン4もそうであると言われており、どちらも3.6リットルの自然吸気の6気筒ボクサーに取って代わります。参考までに、2.5リットルのミルは、2019年のフォレスターで182馬力と239Nmのトルクを生成します。
希薄燃焼技術と気筒休止の両方が、今後の遺産にも登場する予定です。ここで発見されたモデルに関しては、レガシィが現場に適合したアクティブトルクベクタリングシステムを得るかどうかはまだ分かっているが、日本の自動車メーカーの全輪駆動パワートレインのレイアウトは、 WRXおよびWRX STI。
機器のリストは、現時点では知るには時期尚早であるが、会社の革新のすべてではないにしても、ほとんどのものを特徴付けることが期待できる。 2019年のフォレスターでは、レーンキープアシスト、プリコリジョンスロットルマネージメント、リードビークルスタートアラートなど、アクティブなドライバーエイドのフルセットにEyeSightドライバーアシスタントシステムが含まれています。
コンセプトは、今後のレガシーの生産バージョンをプレビューすることが期待できますが、このテスト・ノウを測ることができるから新しいモデルは革命ではなく現車の進化になります。おそらくあなたが現在のデザイン言語を愛しているならば、素晴らしいニュースでしょう。読者の皆さん、どう思いますか? 

e0343333_21562827.jpg

e0343333_21562313.jpg

e0343333_21563331.jpg


[PR]

by ganbaremmc | 2018-06-11 21:57 | スバル | Comments(4)

Commented by gd*2 at 2018-06-11 22:11 x
間違い無く次期レガシィです。特徴的なアイサイトカメラとフロントの三角窓が証拠です。レヴォーグ兄弟はレガシィより少し遅れての登場です。エンジン関係やアイサイトは情報のガードが固い。
Commented by at 2018-06-11 22:30 x
gd*2さんのおっしゃる通り。
人気のレヴォーグより先にレガシィをフルモデルチェンジする。

WRXにしたらデカイ。
間違いなく、レガシィ。

って、マイナーチェンジしたはかりじゃないの!?
早いな。

次期レガシィ、アイサイトVER4とeーボクサー搭載してほしい!

流行りの6ライトウィンドウ採用かな?
個人的に、あまり好きじゃないな。
特に、クラウン。
クラウンほどデカくなければ良いのだが。
Commented by at 2018-06-12 10:42 x
6ライトはなさそうだね。最後の写真の内装が少し見えてます。
Commented by 名無し at 2018-06-12 12:59 x
レボーグレガシーWRXて中身同じじゃん。
kompozit.ua

Поможем вам подобрать и www.kompozit.ua в любом городе.
на сайте biceps-ua.com