「増産圧力が強まっている」三菱自水島製作所、年産30万台視野に

三菱自動車は水島製作所(岡山県倉敷市)で、
工場内の改善活動を通じて競争力強化を進める。
部品や工具を作業者が取りやすい場所に配置する「手元化」を拡大。工場内で部品を作りライン近くで供給する「インサイト化」を加速させる。同製作所で2019年3月期に前期比2割増の29万台の生産を計画しているが「30万台が見えてきた」(北尾光教所長)としている。

e0343333_19055778.jpg

足元の生産動向に関しては好調を維持している。17年12月に岡崎製作所(愛知県岡崎市)から生産移管した小型多目的スポーツ車(SUV)「RVR」で、1月15日から2直体制に入っている。「軽自動車の4車種を含めてフル生産状態が続き、営業からも増産圧力が強まっている」という。
[PR]
Commented by 名無し at 2018-05-27 12:31 x
RVRもブレーキS-AWCとステップCVTを
付けたら良いのにね。

もっと言えば、初代みたいに
二列目ロングスライドとフルフラット、
スライドドアにしてミニバン要素を。
その代わり四人乗りになると思いきや
一列目を三人掛けベンチシート。

by ganbaremmc | 2018-05-26 19:06 | 三菱自動車 | Comments(1)
Узнайте про классный блог про направление Павер банк BlitzWolf обзор https://topobzor.info/paver-bank-blitzwolf/
https://best-mining.com.ua

профнастил киев