【6/4更新】国沢氏 日産セレナe-powerの記事で誹謗中傷のコメント

国沢さんレポート記事 「 」 を読んだ人たちから誹謗中傷のコメントが多く寄せられているようです。


はたまたセレナeパワーのシステムについて理解していない人が多くて驚く。
を見てると、腹抱えて笑う。
悪貨は良貨を駆逐するというけれど、キチンとした人は同じ舞台に立ちたくないから無視するのみ。
こういった輩達のコメントなどに右往左往する人や企業もあるというからアカンな。
・・・・・・

岡崎五郎さんのフェイスブックより

この記事への否定的なコメントをみて、
多くの人が日産のe-powerをちゃんと理解してないんだなぁと。
小さなバッテリーを使い切ったら、1.2Lエンジンが発電する電力のみで走ることになるので動力性能はかなり厳しくなります。たとえばきつい上り勾配が延々と続く箱根ターンパイクのような極端な状況では、アクセルべた踏みエンジン(発電機)全開でも頑張って走ってるハイエースに迫られます。ゆったり走っていれば問題はないですけどね。 


[PR]

by ganbaremmc | 2018-06-04 19:27 | 日産 | Comments(5)

Commented by scsa at 2018-05-25 19:57 x
さすがにこれはヤフコメ民の理解力のなさが酷い。
はじめにガソリンエンジンが84馬力分の電力を供給すると書いて、その後の説明では省略してエンジン出力84馬力だけを記述した記事にしてるから、それを読んだヤフコメ民は国沢はエンジンの動力で動いてると勘違いしてると勘違いして叩いていると。
Commented by 通りすがり2 at 2018-05-25 21:15 x
そもそも、発電とエンジン馬力がイコールじゃない。
あくまでもそう仕事と言う単位=Wですよ。
つまり、電気を知らない60歳の爺さんが、エンジンで作る発電力はエンジンの出力と同じと前提しているが、実際はそうじゃない。
様々なロスがあり精々モータ駆動力へ変換できるのは70KW以下。
まぁいずれにしても世間ではこの爺さんの信用ゼロに近いことが露呈しました。
Commented by cvcc at 2018-05-25 22:03 x
当該記事を読んでみました。(因みに私は国沢さんを嫌いではありませんよ)
非常に読みにくい文章でしたね。
1.まず、タイトルが「日産 セレナe-POWERはバッテリーが切れたら坂道を登れなくなるのか試してみた」となっていたので、なんらかの方法でバッテリーを空にしてエンジン発電で得られる84馬力のみで登坂実験をしたのかと記事を読むと、何故か結論は「バッテリー切れは起こりませんでした」となっていました。そもそもタイトルに書かれた事を実行していませんでしたね。これでは読者は記者が何を伝えたかったのか混乱すると思います。
2.また、記事の冒頭にe-POWERの説明をせずに「セレナe-POWERに搭載されるのは、84馬力しかない1.2リッターエンジン。バッテリーによるアシストが無くなったなら、車重1760kgをこのエンジンだけで走らせなければならない。」と書いてしまった事もダメだと思います。勿論「後述するが、」と書いてありますし、実際説明をしていますが、これでは勘違いを生んでしまうでしょう。
車に詳しい人ばかりが読む訳ではないのでe-POWERの説明は最初にするのが必須だと思います。論文等をまとめる時にも基本となる事だと思うのです。
国沢さんは面白い記事を書きますので他の記者の記事と同様よく読んでいますが、文章を仕事とするプロならば、
もう少し文章を推敲してから記事を発表した方がよいかと思いますね。
わからない人にも分かりやすく記事にするのが自動車ジャーナリストの仕事の一つだと思います。「理解しない読者が悪い」はプロとして一番ダメな姿勢ではないでしょうかね。私自身は記事は楽しかったです。
Commented by Test at 2018-06-04 19:49 x
e-powerは年数経ってからが見もの

バッテリの劣化制御で
バッテリ容量が低下
エンジンがうなりっぱなしになる
Commented by わかったこと at 2018-06-10 13:18 x
1.国沢さんの記事は、説明が素人向けでないことが割とある。
2.ヤフコメ常連の読解力も高くはない。または1.につけ込んで
「専門家は大したことない、俺たちの方が分かっている」と
青少年に刷り込む機会を狙っている。
3.日産はEVに活路を見出だすことに必死すぎて、(特に国内)
ユーザーないがしろ。
mandarin.org.ua

mandarin.org.ua

mandarin.org.ua