三菱自動車、外国人技能実習制度に違反か

三菱自動車が、愛知県岡崎市の車両生産工場で「外国人技能実習生」の制度に反する働き方をさせていたことが分かりました。三菱自動車によりますと、同市の岡崎製作所に「溶接技能の習得」を目的に受け入れたフィリピン人の技能実習生33人について、「車の組み立てライン」などで働かせていました。今年1月、実習生を紹介した監理団体から指摘され発覚したもので、「技能実習適正化法」に違反する疑いがあるとみて、国が調査をする見通しです。三菱自動車は、是正のため33人のうち13人は本人の同意のもと、溶接作業が行える別会社に移籍してもらう一方、残りの20人は、早期の帰国を望んでいるということです。 

e0343333_19012722.jpg

三菱自動車は25日、岡崎製作所(愛知県岡崎市)で受け入れていたフィリピン人の技能実習生に、国認可の監督機関に提出した実習計画の内容とは異なる業務をさせていたと明らかにした。 同社によると、溶接や塗装の技能の習得のため、2016年以降に受け入れた実習生65人のうち、33人に実習内容に該当しない車体の組み立てや簡単な溶接の業務をさせていた。もともと工場内には実習内容に合う本格的な溶接業務はなく、実習計画を作成する岡崎製作所の人事部門の担当者が、制度をよく理解していなかったという。 昨年11月に技能実習適正化法が施行され、受け入れ企業が実習計画を監督機関の「外国人技能実習機構」に提出するなど制度が変更されていた。 実習生を同社に紹介した監理団体から「実習計画と異なる作業をしているのではないか」との指摘が今年1月にあり、発覚した。現在は溶接の教育をしているという。三菱自は33人のうち、13人は技能習得のために別会社へ移ってもらう予定。残りの20人は早期帰国を希望し、賃金補償も検討している。


三菱自動車の岡崎製作所(愛知県岡崎市)が、フィリピン人の技能実習生に実習計画と異なる仕事を日常的にさせていた問題について、同社首脳は25日朝の取材に対し「軽く考えてはいけない。非常に残念」と述べた。  社内調査をさらに進め、問題の経緯について説明する場を近く設ける考えを示した。フィリピン大使館への説明も指示したという。  三菱自では2000年と04年にリコール隠し、16年には燃費不正の不祥事が相次ぎ、法令順守の強化が課題となる中で再び不正が発覚した。首脳は「もう一回態勢立て直しです」とも述べた。 


[PR]

by ganbaremmc | 2018-05-25 19:01 | 三菱自動車 | Comments(4)

Commented by パジェロさん太郎 at 2018-05-25 20:16 x
岡崎の人事部門は「何もしない」で有名。法令違反の温床。
あ。岡崎だけじゃないか!
Commented at 2018-05-25 20:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 名無し at 2018-05-26 01:45 x
大企業ですらこの程度の認識なんだから中小以下で扱いがさらに悪いのはよく解るな。
会社は社員を好き勝手に使って良いという認識が根底にあるからこうなるんだろう。
日本人社員でいつもそうしてるから外人であっても何も疑問に感じなかったんだろな。
Commented by 和田榮太 at 2018-07-05 02:18 x
私の主張 成し得ない技能実習生制度の矛盾と問題点 ①先進国の学んだ技術を途上国活かす事を前提にした制度は『帰国後に技術を活かせる環境が無い』ことが、明白故に制度目的は絵に書いた餅に過ぎない。 ②この矛盾した制度の真の犠牲者は実習経費負担する実施企業と再入国就労の制限を課せられる実習生にある。 ③当に実習実施企業は目先の労働力確保の為に已む無く経費を掛けた『実習成果と実習生を毎年、使い捨て』しているに等しい。 使い捨てされた実習生は帰国後も再訪日を夢見て途方に暮れている。 弊社は帰国した実習生を制度趣旨を育む為に受け入れて実習技能を活かし、成果を日本に再還流させるスキームを活性している。 再還流した技能者は単純作業者では無く日本が望むところの『真の管理者レベルのワーカー』に成長し、母国の発展に日本企業と共に活きて行きます。 弊法人は 海外技術交流社団 です。
best-cooler.reviews/best-party-cooler-these-ice-chests-are-suited-for-a-good-time/

cialis-viagra.com.ua

best weight loss book