マツダ ビアンテは元々無理なミニバンだった

マツダビアンテは、不可能を可能にしたクルマだ。
マツダは市場の流れに沿うべく背の高いミニバンの開発を迫られたが、使えそうなプラットフォームは初代アクセラのタイプしかない。ただしこのプラットフォームは根本的に重大な問題を抱え、ペダルの位置を高められない構造だった。これではフラットフロア構造の背の高いミニバンは開発できない。
常識で考えれば諦める場面だ。


e0343333_21593015.jpg

ところがマツダはこれに挑んだ。
ペダルの位置は変えず、車内の床面に段差を付けて、後ろに向けて床と乗員の視線が高まる設計にした。苦肉の策だが「シアターレイアウト」と名付け、あたかも床にわざと段差を付けたように宣伝した。それでも問題は残る。1列目のは低いから、ドライバーの着座位置はあまり高められない。この問題を解決するには、ボンネットと1列目のサイドウインドーを低く抑えれば良いが、そうすると外観が日産初代プレーリーとか、三菱トッポのようになってしまう。これは避けたい。

そこでボンネットは限界まで高めに設定して、サイドウインドーの下端は視界確保のために低く抑えた。

そうなるとボンネットとウインドーの下端に段差ができてしまう。これをいい意味で誤魔化し、なおかつ当時の「Zoom-Zoomコンセプト」との整合性を取るために、歌舞伎顔にした。

こんな苦労話を抱えたクルマは珍しく、さすがはロータリーのマツダだと感心するが、ユーザーには全然関係ない話だ。単純に「ヘンな形のミニバン」と受け取られ、3ナンバーサイズも災いして(5ナンバーサイズには収められなかった)、売れ行きは低迷した。

客観的にいえば、引き際の話以前に、ミニバンとしてはもともと相当に無理のある商品であった。


[PR]

by ganbaremmc | 2018-05-22 21:59 | マツダ | Comments(7)

Commented by 名無し at 2018-05-23 00:02 x
歴史的ダサさの時点で論外。
もしも高性能でも有り得ない。
Commented by あのに at 2018-05-23 03:31 x
MPVといいマツダのミニバンはヘンタイ性高いですねw
だから好きなんですけど
Commented by 名無し at 2018-05-23 12:52 x
マツダは、自慢のディーゼルを積んで、
ボンゴフレンディの新型を作れば良い。
もちろんATFや電動ロールカーテン付。
Commented by 通りすがり2 at 2018-05-23 15:16 x
日本市場以外売れないようなミニバンやら1BOXなど、世界で稼がないとならなくなった日本メーカーの判断として正常な判断でしょう。
7名乗車したいならばCX-8で十分
Commented by 名無し at 2018-05-23 16:12 x
それは売れるものを作れないメーカーがよく使う言い訳。
自分の製品が売れないのは客が悪いw
国内製造業を捨てて海外生産を正当化する口実でもある。
日本人の職を奪って海外で安く作って輸入しても売れず、
もっとコストと品質を下げて安く売ろうとする。
そしてますますデフレスパイラルが加速。
Commented by at 2018-05-23 19:39 x
縮小市場で限られたパイを奪い合う方が疲弊するわ

Commented by 名無し2 at 2018-05-27 13:44 x
>世界で稼がないと
そうすると、ビアンテは世界市場を向いた車ってこと???
CX-8って、何年前に出たんだっけ???
日大並の苦しい言い訳ですね(言い訳にもなってない)。
失敗なら失敗でいいじゃないですか、関係者でなければ。
https://cafemarseille.com.ua

www.viagra-on.com

การสมัคร skrill