【動画あり】マツダ 新型CX-3、要点を開発主査 冨山さんに伺いました

マツダはコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」の大幅商品改良を行なった。
SKYACTIV-D 1.8では従来から排気量を増やすことで低回転域からのトルク向上を図った。
排気量が増えるとターボチャージャーをより効果的に使えるようになるので、エンジン全域で効率が向上。SKYACTIV-D 1.8ではとくに高速域のトルクが上がったのことで、高速道路での追い越し加速に余裕が出る。燃費も向上しているという。 ・・・・・・・・・


[PR]

by ganbaremmc | 2018-05-17 19:14 | マツダ | Comments(0)

roof gutter company Providence

topobzor.info/smartfon-vernee-apollo-lite-kak-kupit-vernee-na-alijekspress/

Коровченко Сергей Владимирович