車エンジン熱効率47%達成 トヨタ・慶大など、目標値に“王手”

トヨタ自動車や慶応義塾大学、東京大学などの研究グループは、
国のプロジェクトで研究開発を進める自動車エンジンの熱効率が、
2017年度で47%以上を達成したと明らかにした。


燃料の高効率の燃焼技術や部品の摩擦低減などにより、熱効率はガソリンエンジンが47・2%、ディーゼルエンジンが48・6%に達した。今後、実機に技術を導入し、18年度中に熱効率50%を達成する。熱効率を現状の40%から50%に向上させると、大幅な省エネルギー化につながり、自動車産業の競争力向上や温室効果ガス削減目標に貢献する。内閣府が主導する戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の一つである「革新的燃焼技術」プロジェクトで実施。慶大や東大、京都大学、早稲田大学など79大学が集まり、ガソリン燃焼や損失低減など4分野で研究を進めている。さらにトヨタ自動車やホンダ、産業技術総合研究所などが参加するコンソーシアム「自動車用内燃機関技術研究組合」(AICE)が連携する。
[PR]

by ganbaremmc | 2018-05-15 18:51 | トヨタ | Comments(3)

Commented by 通りすがり2 at 2018-05-15 19:18 x
コンバイン?
トリジェネ?
本質的に内燃機で改善とは言えない。
やはりSPCCIの56%と言う数値は凄い。
Commented by 名無し at 2018-05-15 20:27 x
熱効率56%で2009年比+20%ってSPCCI糞すぎない?
Commented by 名無し at 2018-05-15 22:06 x
マツダの言う56%って図示熱効率だし、あくまで3rd stepの最終目標では。
現時点でエンジンベンチ上で正味熱効率47%を達成した事とは比較にならないと思う。
also read best-cooler.reviews

http://e-kirpich.kiev.ua

babyforyou.org