ルノー トゥインゴ改良モデルがスクープ。1.0Lに排気アップ

ルノー トゥインゴのフェイスチェンジが予定されているようです。

e0343333_21135347.jpg

テストカーがスクープされたのですが、現行と比較してもどこが変わったのか?
エンジンは現行0.9Lターボから1.0Lに排気アップ。
燃費の向上と排気ガスの低減が期待されると記載されています。

記事を自動翻訳してみました。

ルノーTwingoは、中期的な顔のリフトを準備する
ルノー・ツインゴは、ヨーロッパで最も奇妙な小型都市車の一つで、初めて外科医を訪問する準備が整いました。
フレンチミニはフロントとリアの微妙な美的な調整を受け、リフレッシュされたバンパーと微調整されたライトがリフレッシュされたカラーパレットと一緒になりますが、最も大きな変化はスキンの下から来るはずです。
あなたがギャラリーで見る部分的に偽装されたテストカーは、スタイリングの変更を明らかにしない良い仕事をしますが、それは新しい排気を示しています、ルノーの噂は、既存の0.9リットルのターボガソリンをより大きな1.0リットルTCeユニットに置き換えます。
新型エンジンは、現行の90hpユニットよりも若干強力で、欧州の最新規則のために微粒子フィルタが装着されるため、燃費の向上と排気ガスの低減が期待されています。
インテリアは、新しいインフォテインメントシステムと同様に、新しいカラーとトリムオプションでアップデートされます。ほとんどの接続オプションを提供することは、小都市の車でも必須の機能となっています。
リアエンジニアリングのリヤ駆動ルノー・トゥインゴも、純粋な電気バージョンを得ることができると噂されている。ルノーのエンジニアにとっては、電気自動車とバッテリーパックをTwingoのシャシーに追加することは問題ありません。小さなモデルは、すでにすべての電動パワートレインで提供されているSmart ForFourとアーキテクチャを共有しているからです。 

e0343333_21135977.jpg

e0343333_21141296.jpg

[PR]

by ganbaremmc | 2018-04-26 21:14 | 海外メーカー | Comments(2)

Commented by 名無し at 2018-04-26 23:18 x
マフラーの反対側にブラ下がってるメタルコンセントが何なのか気になる。
データ取り用の機器接続用かとは思うけど。
Commented by at 2018-04-27 14:31 x
エッ!?もう、ビックマイナーチェンジか。
でも、発売から2、3年経つのか。
早い!
ヘッドランプの横にあったダサイ丸いランプが消えてる!
ビックマイナーチェンジ後の方が、比較的、断然デザインが良さそう。
Наш нужный интернет-сайт на тематику https://velotime.com.ua.
https://babyforyou.org

www.start-sport.com.ua