新型はまだ先?ライバルの動向にジッと我慢で耐えるダイハツ タント

ダイハツの看板車種であるタントの世代交代が、
2017年12月16日に紹介した記事での予想次期より遅れそうだ。


商品力の維持を目指して、一部改良が繰り返して行われているのも、
次期モデルの登場が当分ないことの暗示かもしれない。

ダイハツは車づくりを大きく見直す契機として、・・・・・・・・・


[PR]
Commented by at 2018-04-22 19:47
N‐VAN対策として
次期タントと次期ハイゼットキャディーを同時に出すという事でしょうね
Commented by クルマニア at 2018-04-22 23:23 x
ウェイク統合するんじゃない?
Commented by ワールド at 2018-04-28 00:10 x
ダイハツはホンダなんかに惑わされないようにしてほしいですね。最近のダイハツの軽はデザイン不在、どこかの軽に引っ張られているように思います。
その中でも現行タントはダイハツの良さが感じられます。
ビジネス的には意識するにせよ、N-BOXなんかに惑わされず独自の価値観で作ってください。
by ganbaremmc | 2018-04-22 18:53 | ダイハツ | Comments(3)