マツダ SUVの販売増で、欧州での平均CO2排出量が増加

英JATOダイナミクス(JATO Dynamics)は2018年4月11日、
2017年に欧州で販売された新車において台数加重平均CO2排出量を算出した結果、
全販売台数の73%が110~130g/kmになったと発表した。


台数加重平均CO2排出量(以下、平均CO2排出量)とは、
各モデルの型式ごとのCO2排出量に、それぞれの販売台数を乗じて、
モデル全体の販売台数で除算したもの。 
2017年の欧州市場の販売台数は前年比3.1%プラスとなり、
市場全体の平均CO2排出量は118.1g/kmだった。
これは10年ぶりの増加だという。最近の新型車は効率化が進んでいるものの、ガソリンエンジン車よりCO2排出量の少ないディーゼルエンジン車のシェアが縮小したことや、排気量の大きいSUVの販売が増えていることなどの影響で、平均CO2排出量が増加した模様だ。 ブランド別の平均CO2排出量をみると、販売台数上位50ブランドのうち21ブランドが前年より改善している。最も改善したブランドのトップ10を見ると、高級車ブランドが多く、大衆車ブランドはKia、Suzuki、Jeepの3ブランドだけだった。SuzukiやKiaはハイブリッド車の販売により大きく改善した。前年より悪化したブランドの多くは、CO2排出量が多いSUVの販売台数が増加したことが主な理由とみられる。


[PR]

by ganbaremmc | 2018-04-16 19:31 | マツダ | Comments(2)

Commented by jomon at 2018-04-17 00:32 x
CX-5が好調なのでCO2増加は当然ですね。

小型ディーゼル車の多いプVW、ジョー、シトロエン、ルノーも悪化の一途ですね。

マツダは来年からはC02排出の多い2.5G、2.0Gが無くなり、ディーゼル車も2020以降はGEN2で10%程度の削減をするでしょう。

Commented by グランドビタ~ラ at 2018-04-17 00:58 x
テスラの排出量が0だけど、しょぼい火力発電所で作られた電力で充電してたら意味が無いのでは?
levitra pills

pedir cialis online

депозиты в долларах