三菱自 新型RVRの開発が始動。デリカは4月25日改良

三菱自動車はRVRの後継モデルとして
新型コンパクトSUVの開発プロジェクトが動き始めている。
こちらは次期型ジュークとプラットフォーム&パワートレインなど
基本コンポーネントを共用した姉妹車となる可能性が強い。

三菱がボディパネルを含めた基本部分を開発し、日産にOEM供給する形になるかも知れない。
パワートレインはe-POWER、1.5Lガソリン、1.6Lターボが日産ジューク。
三菱はPHEVのユニット供給を担当するだろう。
クリーンディーゼルが加わるとしたら、こちらも三菱からの供給になるはず。次期型は現行のスタイリッシュなクーペシェルを踏襲するはず。ノート同様にe-POWERが主役になれば、現在トヨタC-HR、ホンダヴェゼルが売れまくっている同クラスのトップセラーモデルにいきなり浮上する可能性が強まる。
とはいえ、ここ最近、日産は各販売店に対して、新型車の情報を発売ギリギリまで伝えないよう調整している。現時点では2018年度発売予定の新型車としてなんの情報も(販売現場には)伝えていないが、いきなり発表するという可能性もある。本件に関しては引き続き調査し、新たな情報が入ったら逐一お伝えしたい。


三菱デリカD:5はどうなる?
三菱デリカD:5はこの4月25日に一部改良する。
今回の改良は法規対応が中心で、フロントバンパーの中央部分に衝突に対する強化策を講じるほか、多少の手直しをする程度にとどめる。
現行モデルでも販売の80%がディーゼル車であることから、
実質的にはこちらに1本化してゆくことになる。

販売店筋によると、
「 当面マイナーチェンジはあるだろうが、フルモデルチェンジの予定はない 」
と説明している。
一時期、日産の次期型エルグランドとのプラットフォームやパーツの共用化を図る……という情報があったが、その「統合モデル」の登場時期はずっと先になる。 エルグランド、セレナともに2022年あたりに次期型へ切り替わる時期だから、これに合わせるとすると、新型デリカが登場するのは4年先以降になる。
この間の1年後あたりに現行モデルのプラットフォームをキャリーオーバー(踏襲)したモデルチェンジか、あるいはビッグマイナーチェンジで対応してゆく可能性が高い。
デリカD:5のコンセプトはSUV感覚のミニバンが売りとなっているので、これをさらに磨きをかけた手直しが行われる。 得意のクリーンディーゼル改良やPHEV投入で「喝」を入れる可能性もある。




[PR]

by ganbaremmc | 2018-04-09 22:43 | 三菱自動車 | Comments(4)

Commented by 名無し at 2018-04-09 23:08 x
デイズはEKより約3倍ほど売れてるので、
現行D:5も日産版を作って売れば
3000~5000台くらい売れるかもよ。

エルグランドは予定では既にFMCしてるはず。
あと何年も経ったら忘れ去られる。
Commented by さんま at 2018-04-10 00:38 x
エルグランドと共有化ってことはリブボーンフレームじゃ無くなるってことでしょう。そんなの、デリカとして受け入れられないっすよ~
Commented by 名無し at 2018-04-10 01:56 x
エルグランドは迷走中だけど、
初代エルグランドはD:5に似てなくもない。
原点に戻ると思えば、デリカのOEMで良いじゃん。
Commented by 4 at 2018-04-11 10:15 x
それよりなんでデリカでバンを作らないのだろう?
www.velotime.com.ua/category/elektro-velosipedy/

обращайтесь

icemule cooler