米政権 輸入車の環境基準を厳格化。マツダ「対応は避けられない」

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは6日、
トランプ米政権が輸入車の環境基準を厳格化する検討に入ったと報じた。
国産車の保護や米国への工場誘致などを図る狙いがあるとみられる。
実施されれば日本メーカーの収益を圧迫する恐れがあり、「販売計画や車種構成の見直しを迫られる」などと警戒する声が出ている。

同紙によると、トランプ大統領は環境保護局(EPA)や商務、運輸両省に検討を指示した。
米国では2015年、独フォルクスワーゲンがディーゼル車の排ガス規制を不正に免れていた問題が発覚。EPAはこれを理由に輸入車を対象とする環境検査強化が可能かを検討しているという。  実施されればコスト増で輸入車が値上がりする可能性が高く、事実上の非関税障壁になりうる。EPAのプルイット長官は今月2日、オバマ前政権が決めた自動車の燃費規制強化について「現実に適合しておらず、高すぎる基準」として、見直す方針を発表したばかり。国産車の規制を緩め、輸入車は厳格化すれば国内外で反発を招きかねず、検討には曲折が予想される。  


日本自動車工業会によると、日本から米国への輸出は17年で173万台。
他地域向けも含めた輸出全体の約3分の1を占める。トヨタ自動車が米国で17年に販売した約240万台の半数が米国産で、残りを日本やメキシコなどから輸出した。  仮に輸入車の環境基準が厳格化されれば、日本メーカーの収益源になってきた米国で販売計画の見直しを迫られそうだ。米国に生産拠点がないマツダの関係者は「もし輸入車全体に規制がかかれば、何らかの対応は避けられない」と懸念する。  別の日本メーカー幹部は「米国メーカーが一時的に保護されても、中長期的には世界の競争から取り残される」と指摘。トランプ氏は日本市場の安全・環境基準が米国車の参入を妨げていると批判してきた経緯があり、「今回の検討を交渉材料にして、『米国車に対する規制を緩めろ』と日本政府に迫ってくるかもしれない」と警戒する関係者もいる。
[PR]
Commented by 名無し at 2018-04-09 01:24 x
トランプは外交カードとして色々言ってるだけ。
放置したらアメリカが自滅する。
日本は、アメ車を日本で売りたければ日本に工場を作れとか、
日本メーカーはアメリカ工場を畳んで撤退するぞと言えば良い。
どれだけのアメリカ人が失業するか。

ハーレーは日本で年間1万台以上売ってて、
なんと大型二輪では国内4メーカー=世界4大メーカーを抑えてトップシェア。
ハーレーの加速騒音規制とか排ガスとか、
ちゃんと調べてるとは思えないのを厳格化すべき。
Commented by ganbaremmc at 2018-04-09 10:42
> 名無しさん
日本人嫌いな白人労働者は結構いるみたいですね。
過去、雇用を奪い、工場をつぶしたと。
GMが破綻になったのも日本のせいだと思っているし。
鉄鋼・アルミ関税で日本を外さなかった件について、鉄鋼協会会長は、
「日本も中国と同じ最悪な国だ」といってたし。
ただ、トランプさんがなぜこんなに貿易赤字を問題にするのか理解できない。
赤字だから税収が減るというわけでもないし。
アメリカ人の消費意欲があるから、輸入が増え、貿易赤字になるのにね。
取り巻きたちもそれをわかっているのに、日本に牛肉を買わせたいから、貿易赤字を
何とかしろと言っているのだと思います。
赤字を一発で解消したいのなら、日本にアラスカの原油を売ればいい。
日本にとって遠回りして、中東の原油を買うより全然いいはず。
自動車もうるさいこと言うなら、米国の基準で合格した車は、認めてあげればいい。
多分、それでも日本人は買わないでしょうし、米国メーカーが、日本人好みの車を作るのに
投資するとは思わないですけどね。

日本は、対米貿易で大きな黒字ですが、
その分、米国での投資は年々増加し、今では7位から2位になっていますからね。
それを抑えようとするなら、投資はできませんよということもできるわけです。
by ganbaremmc | 2018-04-08 19:54 | マツダ | Comments(2)
www.best-cooler.reviews/category/brands/

https://velotime.com.ua

kls-agency.com.ua