2018年8月までのモデルチェンジする車種 by.ベストカー

2018年はじめから8月くらいまでモデルチェンジによる車種



e0343333_19401043.jpg

【 フルモデルチェンジ 】

・トヨタ クラウン
6月25日次期型発表、2月下旬に生産中止し、在庫一掃セールに入っているが、すでに在庫ゼロの店舗も出始めている。5月から事前予約の受付をスタートさせるので、それまで従来モデルを売り切る方向で在庫一掃セールを展開している。4月上旬現在では、まだほとんどの売れ筋モデルが揃っているトヨタ店(一部トヨペット店)が目につく。ロイヤル、アスリートとも値引きは一声30万円引きで、さらに5万円前後の上乗せは可能といえる。
・トヨタ センチュリー
6月25日次期型発表、オーダーメイドモデルのため従来モデルの在庫はゼロ。
・スバル フォレスター
6月に新型が登場予定のフォレスターは、従来型が4月中旬にはオーダーストップし、以降は在庫車のみとなる見込み。一声値引きは35万円程度で、ひと押しすれば40万円突破も可能だ。
・スズキ ジムニー
ジムニーは、従来モデルが軽自動車、シエラとも3月いっぱいで生産を打ち切った。次期型は7月頃の発売と見られるが、販売店は在庫一掃セールに入っているものの、新型の投入スケジュールはまだ明らかになっていない。在庫はたっぷりある状態で即納は可能。軽自動車は20万円、シエラは25万円引きあたりが可能性の範囲。6月くらいまでは購入が可能と見られる。


【 マイナーチェンジ 】

・ホンダ ジェイド
年初に従来モデルを打ち切っており、現時点ではほとんど在庫が残っていない状況。
・マツダ CX-3
6月にビッグマイナーチェンジするが、従来モデルは3ヶ月前に生産を打ち切り、格安で買える状況にある。

【 一部改良 】

・トヨタ アクア

・トヨタ ヴィッツ
5月31日一部改良
・トヨタ C-HR
5月7日一部改良
・日産 キューブ
4月下旬には改良型モデルが発売
法規対応の改良であり、在庫は多少残っている。今が買い時といえる。
・三菱 デリカD:5
4月下旬には改良型モデルが発売
法規対応の改良であり、在庫は多少残っている。今が買い時といえる。

【 生産終了 】

トヨタ オーリス
国内仕様は2月に生産中止し、
6月中旬にも発売される「カローラスポーツ(ハッチバック)」に切り替えられる。
もともと販売台数が少ないので、在庫は限られる。
扱うトヨペット店、ネッツ店とも売り切った店舗が出始めている。


[PR]
Commented by 通りすがり at 2018-04-08 03:03 x
>・スズキ ジムニー
>ジムニーは、従来モデルが軽自動車、シエラとも3月いっぱいで生産を打ち切った。
ESCのない軽は、2/18までしか生産できないのを、理解していないで、記事を書く編集者って、何?
by ganbaremmc | 2018-04-07 19:40 | ニュース・その他 | Comments(1)