マツダ 米国へのディーゼル車投入はどうしたの?

2017年中に北米でディーゼル車を販売するといっていたマツダですが、
最近はなんも動きがないどころか、プレスにも記載されていません。

4月4日、海外メディアの取材で、
北米マツダのブラウン氏がこたえられています。

e0343333_17573019.jpg

記事を自動翻訳してみました。

マツダCX-5ディーゼル:コンパクトクロスオーバーユーティリティ車
ディーゼル・エンジンを提供する計画を最初に発表した数年後、まだまだ手に届かない、謎のモデルです。
具体的には、それは2016年に初めて明らかにされ、後に2018年モデルとして発表されたマツダCX-5コンパクトクロスオーバーユーティリティ車のディーゼルバージョンです。2016年11月、マツダのエグゼクティブは、CX-5ディーゼルが2017年秋にショールームに到着することを確認しました。
再設計されたCX-5が予定どおりに到着した。ディーゼルバージョンはそうしなかった。
実際、CX-5ディーゼル車は今日まで忘れ去られており、マツダの米国武器は、なぜそれが到着しなかったのか、それがいつ起こったのかについて何も言わない。マツダの米国通信チームのグリーンカー・レポートとジェイコブ・ブラウンの間の数多くの電子メールは、単一の文章にしか導かれませんでした。ブラウン氏は1月初めに「特定の時期についてはコメントすることはできない」と述べたが、EPAとCARBとともに作業を続け、可能な限り速やかに発表する予定だ」と述べた。火曜日、Green Car Reportsはブラウンとフォローし、ホールドアップが何をしたのか、そしてCX-5ディーゼルが遅れて見えるかについていくつかの質問をした。

"残念ながら、私は今すぐ答えられません。"
現時点では、2018年のマツダCX-5ディーゼルエンジンオプションは、始動時に「ハイブリッドレベルの燃費」を提供することを意図しています。 2018年、ガソリンMazda CX-5は、前輪駆動と組み合わせた28 mpg、または全輪駆動が追加されたときの26 mpgで評価されています。マツダは2.2リッターのSkyActiv-Dエンジンが「トルクリッチな運転体験」を提供し、高いRPMに自由に回転できると言って、CX-5ディーゼルの米国版についてはほとんど何も発表していない。それは2.2リットルのディーゼルエンジンが数年間他の市場で販売されていることを示しています。マツダは18カ月前に、選択的な触媒還元または尿素注入を使用する排気エミッション後処理システムを装備することを確認しました。マツダは、2010年までに、その技術を使わずに米国で販売するディーゼルエンジンを認定する唯一のメーカーであることを望んでいました。しかし、マツダ6の中型セダンのディーゼルバージョンは、早ければ2010年に発売される予定で、実際には到着しませんでした。マツダは不十分なパフォーマンスを非難した。フォルクスワーゲンのディーゼル排出スキャンダルの後、マツダはSCRなしでやる計画を放棄した。それはディーゼル燃料のためのものの隣にディーゼル排出流体用のフィラーを備えたオプションのエンジンを提供すると述べた。
チェックアウト:VWのスキャンダルにもかかわらずSUV、トラック燃費に必要なディーゼル:支持者(2016年2月)それが起こる時は誰でも推測されます。今のところ、マツダは言っていない。2015年9月以来、EPAとカリフォルニア大気資源局は、BMW、Chevrolet、GMC、Jeep、Ramによって販売されている乗用車に装着されたすべてのディーゼルエンジンの試験と試験を強化しました。アウディとフォルクスワーゲンはもはや米国でディーゼル車を販売しないだろうし、メルセデスベンツも低ガソリン価格、低販売量でのディーゼル車の認定費用が高いこと、バイヤーの不足燃費への関心。


[PR]
by ganbaremmc | 2018-04-07 17:57 | マツダ | Comments(0)
www.best-cooler.reviews/grizzly-coolers-for-sale-review/

https://proffitness.com.ua

https://baden-medservice.com