マツダ CX-3、ディーゼル1.8Lに拡大することを公表

マツダのプレスで、こそっとCX-3のディーゼルことが触れられています。

Motor-programmet er oppdatert for å imøtekomme nye EURO 6d-Temp utslippskrav og WLTP typegodkjenning.SKYACTIV-D diesel motoren har gjennomgått en rekke forbedringer, herunder økt sylindervolum til 1.8L, og økt effekt til 115 hk, dette muliggjør en lavere forbrenningstemperatur som gir lavere NOx ustslipp. I tillegg sørger en NOx-katalysator for å redusere utslippene ytterligere. 2018 Mazda CX-3 forventes til Norge etter sommeren. Norske priser er foreløpig ikke klare.



自動翻訳してみました。

エンジンプログラムは、新しいEURO 6d-Tempエミッション要件および
WLTPタイプ承認に対応するように更新されています。
SKYACTIV-Dディーゼルエンジンは、シリンダー容積を1.8Lに増やし、115hpで増加させることを含む多くの改良を行った。これにより、より低い燃焼温度が可能になり、NOx ustslippが低下する。さらに、NOx触媒は、排出物をさらに減少させる。 
2018マツダCX-3は夏の後にノルウェーに向かう予定です。
ノルウェーの価格は現在入手できません。



[PR]
Commented by jomon at 2018-03-31 17:16 x
国内もやっと路上試験RDEの実施が決まった様です。
何とも甘く、先の長い実施内容です。

ディーゼル乗用車の型式指定試験に路上走行時の排ガス試験を導入
https://response.jp/article/2018/03/30/307962.html

>規制では、走行試験で排出される窒素酸化物(NOx)の規制値を、台上排出ガス試験による規制値の2倍とする。
>対象はディーゼル乗用車。新型車は2022年10月1日、継続生産車は2024年10月1日から適用する。
by ganbaremmc | 2018-03-31 01:48 | マツダ | Comments(1)
https://velotime.com.ua

http://danabol-in.com

tokyozakka.com.ua