スバル 新型フォレスターは2.5L直噴NA搭載でPHEV採用ならず

新型フォレスターの北米仕様に搭載されるエンジンは、
北米向けに開発されたアセントが搭載する2.4リッターは使われない(アセントは2.4Lのターボになる)。

e0343333_19391588.jpg

新型が2.5リッターを選んだ理由は、車両重量などを含めた総合的なバランスが優れているからだ。
レガシィや生産を終えたエクシーガ・クロスオーバー7も、過給器を備えない2.5リッターを搭載する。ターボは用意されず、噂のあったプラグインハイブリッド(PHEV)もない。カタログ燃費も不明だが、時期的に新しいWLTCモードで表示されるだろう。・・・・・・・・・
[PR]
Commented by at 2018-03-30 09:38 x
そりゃあ、すぐに発表しないと思う。
XV発展のマイルドハイブリッド仕様は、4月の北京モーターショーで発表されるという噂が流れてるけど。
by ganbaremmc | 2018-03-30 09:06 | スバル | Comments(1)
https://medicaments-24.com

www.best-cooler.reviews/grizzly-coolers-for-sale-review/

www.danabol-in.com/injection/testosteron /pharmatest_p