トヨタ 新型カローラハッチバック


掲載元の記事を自動翻訳してみました。

アメリカのトヨタカローラはそれ自体を示す
先月、トヨタは全く新しいAurisをジュネーブで発表した。北米の最初の大規模なフェアでは、そこに道路に表示されますが、別の名前の下に表示されるバリアントに従います。
アメリカのテールゲートにはAurisの代わりにCorollaがあります。その名前は2010年にはパンフレットから消えたが、世界のどこかでトヨタは大部分がセダンとしてカローラをやっている。北米でも同様です。 2015年に、私たちのハッチバックAurisのスポーティなバージョンがScion iMという名前で登場しました。昨年、その車は、トヨタカローラのiMで、ブランド名シオンの消滅後に変更されました。物事をもっと簡単にするために、北米で知っているAurisは、Corolla Hatchbackとして市場に出ています。
写真は、ニューヨークでの市場導入について、ヨーロッパの外観にほとんど変化していないことを示しています。私たちのために楽しいのは、トヨタが違う色で見えるということです。今まで黒い屋根の茶色の導入カラーでそれをしなければなりませんでした。アメリカの車は写真の青色に置かれています。さらに、我々は最初に大きなリアスポイラーを見る。もっと重要なことは、初めてのトヨタの最新モデルのインテリアに直面していることです(忠実で気配りのある読者のおかげで)。ダッシュボードの中央に配置された大画面は、もちろん目の前にあります。我々はまた、コーチの外でも遭遇する多くのきれいな線を見る。アメリカでは、来週ニューヨーク国際自動車ショーでCorollaに会う予定です。昨日、初めてAurisTSを見ました。







[PR]

by ganbaremmc | 2018-03-24 21:13 | トヨタ | Comments(1)

Commented by at 2018-03-24 21:36 x
エッ!?カムリ同様、リヤにXSEと書いてあるけど。
ってことは、XLE?もあるんですか?
それに、XLE?があるなら、XSEとの違いは?
知っている方、教えてください。
yarema.ua

Узнать как купить диплом образца 2012 года по вашему желанию, недорого.
progressive.com.kz/