三菱自へのTOB成立=持ち分法適用会社に―三菱商事

e0343333_19171125.jpg

三菱商事は21日、三菱自動車株式に対するTOB(株式公開買い付け)が成立したと発表した。三菱商事の出資比率(議決権ベース)は9.24%から20.0%となり、三菱自は三菱商事の持ち分法適用会社となる。  TOBは2月21日から今月20日まで実施。主に三菱重工業と三菱東京UFJ銀行から株式を買い付け、取得額は約1200億円。TOB後も三菱自の東証1部上場は維持される見通し。 
[PR]

by ganbaremmc | 2018-03-21 19:17 | 三菱自動車 | Comments(3)

Commented by 名無し at 2018-03-21 22:13 x
自工を取り戻せ!
Commented by 通りすがり at 2018-03-22 13:27 x
もう、三菱という看板が三菱重工から三菱商事へ鞍替え。
重工製ターボも重工製ディーゼルエンジンすらいずれ採用しない方向へ進む。
Commented by d5乗り at 2018-03-22 16:00 x
あれっ、三菱商事って国内販売が振るわないからって言って、三菱商事系列のカープラザ店潰したんでしたよねぇ…。

こいつらからしたら、売れれば三菱でなくてOEMでもいいって考え方だから、もしかしたら、三菱の良さや味を無くしてしまうような方向に口出ししそう…。
多分ユーザーの意見なんて無視するんだろうな…。
www.np.com.ua/moechnoe-oborudovanie.html

best-cooler.reviews/category/types/

220km.com/category/westa/