米当局、韓国・現代と起亜の車調査=エアバッグ開かず4人死亡

米運輸省道路交通安全局(NHTSA)は17日、
韓国・現代自動車と傘下の起亜自動車が米国やカナダで販売した
一部車種のエアバッグに関する調査を始めたと発表した。

e0343333_18463013.jpg

正面衝突時にエアバッグが開かない事故がこれまでに6件発生し、4人が死亡、6人が負傷したという。
対象となるのは、現代の2011年型「ソナタ」と起亜の12、13年型「フォルテ」の計42万5000台。いずれも米ZF—TRWオートモーティブ社製のエアバッグ制御装置を搭載している。NHTSAは、同種装置を搭載した他メーカーの車についても調べる方針。  
[PR]

by ganbaremmc | 2018-03-18 18:46 | ニュース・その他 | Comments(0)

https://salon-svadebny.com.ua

www.apach.com.ua

http://babyforyou.org