スズキ 新型エルティガを激写

日本では売られていませんが、
アジアなど新興国で販売されている小型三列シート「エルティガ」の新型車両がスクープされました。
車格では三菱エクスパンダーに位置するので、ライバルとなるか。




記事を自動翻訳してみました。

2018年、すべて新しいMaruti Ertiga MPV:次のようになります
Marutiは、インディアンロードですべて新しいErtiga MPVのテストを開始しました。今年末までに車が発売される予定です。これはSwiftとDzireと共有するHEARTECTプラットフォームに基づいていますが、スタイリングを完全に改訂しました。 MPVのスパイショットに基づいて、ここに2018年のErtigaのレンダリングがあります。
あなたがレンダリングから見ることができるように、全く新しいErtigaは、はるかに多くのブッチフロントエンドを持っています。これにより、MPVに新鮮な外観が与えられます。これは、SwiftとDzireのものとはかなり異なっています。両方の自動車は、同様のフロントエンドデザインを持っています。 MarutiはErtigaにクロスオーバー要素を追加する予定で、これまで以上に筋肉を増強します。これにより、MPVにクロスオーバーのスタンスが与えられ、車両のバイヤーのプロファイルが大幅に拡大されます。
新しいErtigaもより強力になることが期待されています。 1.5リットルのM15Aガソリンエンジンは、1.4リットルのKシリーズユニットに置き換わるものと見込まれています。このエンジンは108 Bhpと138 Nmのパワーとトルクを発揮し、CNGガソリンの二重燃料オプションも得られることが期待されています。このエンジンには手動および自動ギアボックスが装備される予定です。 Marutiはまた、新しく開発されたターボチャージャー付きディーゼルエンジンを車に搭載しているかもしれないが、その詳細は現在知られていない。
新しいErtigaは、出て行くモデルと同じように、7人乗りになります。しかし、ホイールベースを伸ばすことで、内側をより広げることができます。さらに、車両にHEARTECTプラットフォームを使用することで、新型MPVが出るモデルよりもはるかに軽くなることが期待されています。これは、より良いピックアップと燃料効率につながります。価格設定に関しては、ErtigaはRsよりもはるかに始まると予想されます。 7 lakhs。しかし、新機能が追加されているため、トップエンドモデルの価格が高くなる可能性があります。


[PR]
Commented by グランドビタ~ラ at 2018-03-09 04:17 x
もともと現行型のガソリンエンジンは、K14Bだけど。
見た感じはビックマイナーチェンジに見えますね。
Commented by 通りすがり at 2018-03-09 15:50 x
まとまったスズキデザインで格好良い。
Commented by at 2018-03-09 16:54 x
フロントがハイラックス・・・。
最近のスズキ車、個人的にデザインが悪い気がしますが・・・。
・ワゴンR→ヴェルファイア似
・スペーシア→フィアット パンダ似
・スペーシアカスタム→タントカスタムやアルファード似
・イグニス→リヤがイマイチ・・・。
など。あくまでも、個人的なデザインの評価です。
Commented by 匿名 at 2018-03-10 00:24 x
世界のトレンドの顔だから良いと思う。
グローバルメーカーのスズキらしい判断だ。
Commented by コージー at 2018-04-11 05:59 x
リアーガラス周りは初代イプサム似だよ。
Commented by 通りすがり at 2018-04-11 19:58 x
デザインも洗練されてきたな。
by ganbaremmc | 2018-03-08 20:08 | スズキ | Comments(6)
yujin.com.ua/engineering/

avtomaticheskij-poliv.com.ua/oborudovanie-dlya-avtomaticheskogo-poliva

Нашел в интернете нужный сайт со статьями про Велосипеды Comanche velotime.com.ua