GSユアサ、リチウムイオン電池の高エネルギー密度化に成功 従来比3倍

GSユアサは3月6日、金属シリコン電極開発による
リチウムイオン電池の高エネルギー密度化技術の改良に成功したと発表した。

e0343333_21223808.jpg

負極材に用いる金属シリコンは、理論容量が4200mAh/gと高く、
資源量が豊富であることから、リチウムイオン電池の新規材料として多くの研究が行なわれてきた。
しかし、充放電にともなう体積変化が約400%と大きいために、充放電を繰り返す過程で劣化が生じる。その結果、充放電効率およびサイクル寿命特性が乏しく、特に長期での使用が前提となる電動化車両用の大型電池では、金属シリコン電極の実用化は困難とされてきた。同社は、金属シリコンを用いた電極の好適な粒子径および電極組成などを見出すことで特性を改善。電気自動車(EV)に搭載されるサイズの電池において、従来のリチウムイオン電池に対して約3倍となる高エネルギー密度化技術の改良に成功した。なお、金属シリコン電極は今後の技術革新と普及が見込まれる全固体電池へも適用が可能だ。GSユアサは今後、金属シリコン電極のサイクル寿命特性をさらに改良し、2025年頃の電動化車両への適用を目指す。
[PR]

by ganbaremmc | 2018-03-06 21:23 | ニュース・その他 | Comments(5)

Commented by 通りすがり at 2018-03-06 23:30 x
もうエネルギー体積密度よりも、リチュウム電池の欠点である出力密度を上げる研究した方がいい
Commented by mtip at 2018-03-07 00:36 x
まず2025年と言ってるなら、期待したいです。
専業なのに最近影が薄かったGSユアサのニュースも嬉しい。
Commented by 名無し at 2018-03-07 00:43 x
既に販売済みのiMIEVとかPHEVの
電池交換が必要になったときに、
最新スペックの代替品を用意してね。
 
例えば初期iMIEVの電池交換で
実用航続距離500キロとかになれば
三菱が苦しい時に買ってくれた人も
きっと喜んでくれるさ。
Commented by jkjh at 2018-03-07 06:53 x
2020年ダイソンから全固体のevが発売なのに湯浅は2020に全固体でもないのに
Commented by scsa at 2018-03-07 17:05 x
全固体電池は開発しているし、特定用途に限っては販売もしてたはず。
近いうちに株価上がりそうなニュースが出そうな気配だぜ。
vy-doctor.com.ua

www.surrogacycmc.com

Узнайте про популярный web-сайт про направление Примоболан купить www.danabol-in.com