マツダ、2019年にロータリーエンジンの復帰を確認

Mazda Officially Confirms The Return Of The Rotary Engine In 2019
マツダ、2019年にロータリーエンジンの復帰を公式に確認
海外の情報サイトで気になる記事タイトルを見つけました。
マツダ欧州 副社長
Martijn ten Brink氏のインタビューです。

e0343333_21314627.jpg

記事を自動翻訳してみました。

これは、新しいEVのレンジエクステンダとして使用されます。
その日はついに来ました - マツダは、欧州販売担当副社長Martijn ten Brinkの声で、伝説のロータリーエンジンが復活することを確認しました。 BrinkはZerAuto.nlと話をして、同社の将来計画に関する非常に興味深い詳細を明らかにしました。
新しいZoom-Zoom 2030計画のもとで、マツダは純粋に電気自動車を建設する予定で、来年には到着することもある。現時点では他の詳細はありませんが、BrinkはEVが新しいWankelエンジンの形でレンジエクステンダーでオプションで利用可能になることを確認しました。 「実際には必要ではないにもかかわらず、平均的な買い手が家庭から仕事まで平均37マイル(60キロメートル)を移動し、また戻ってくるため、ロータリーモーターの主な目標は「顧客からの懸念を取り除く」ことです。
問題のユニットはシングルディスクエンジンで、ターボチャージャーは使用しません。これは、厳密にジェネレータとして機能し、重心を低く保つために建設工事で低い位置に置かれます。 「靴箱のような大きさ」なので、振動のない操作が可能になり、運転者は起動時に気付かないことがあります。
しかし、電化への大きな推進にもかかわらず、マツダは内燃機関に潜在力があると考えています。 「マツダの視点では、燃料エンジンは償却されていない」とブリンク氏は説明する。 「ハイブリッド車とプラグインハイブリッド車の両方で使用されているため、15〜25年後でさえ、燃料エンジンは車にとって重要なユニットのままです」
自動車メーカーは、燃焼エンジンの熱効率を約56%に引き上げる予定です。将来のマツダモデルは、現行のEVと同等の風力を発揮するはずです。市販されている最初の圧縮点火ガソリンエンジンSkyactiv-X技術は、数年以内にショールームを打つ準備ができている。

[PR]
by ganbaremmc | 2018-03-02 21:32 | マツダ | Comments(0)
www.topobzor.info

Узнайте про важный сайт со статьями про уборка дома после ремонта https://cleansale.kiev.ua
http://www.best-cooler.reviews