2.4Lに拡大した三菱アウトランダーPHEVを試す by.国沢&塩見

三菱のアウトランダーPHEVのマイナーチェンジモデル(2019モデル)が
3月6日からのジュネーブショーに出展するという情報が入ってきた。

・エンジンが2.0Lから2.4Lに排気量アップ
・PHEVシステムの90%を改良しアップデート
・車両運動統合システム「S-AWC」に「SPORT」「SNOW」モードを追加
・駆動用バッテリー容量15%アップ、最高出力10%アップ
・ジェネレーター、リヤモーター出力を10%アップ

以上がメカニズム面でのおもな変更点になる。
特に注目すべきはエンジンの排気量アップだろう。
排気量が増えたことで低回転でパワーを発生させることが可能になり、静音性への貢献が多いようだ。さらにモーター出力をアップさせたこと、S-AWCの制御変更でよりコントロール性を高めている。
日本導入は今年の夏頃を予定している。
2019モデルのプロトタイプに試乗した国沢光宏氏のインプレッションをご覧いただこう。
・・・・・・・・・

レスポンスさんでも試乗レポがありました。

こうした改良に伴い、新型の走りをざっくり表現すると高級感が増した。
アクセルを深く踏まずともクルマがスッと前へ出る。従来型よりもエンジン音が気にならず、EV感が強まった。また、構造用接着剤を使用する部分を増やすことでボディ剛性を高めたというが、そのあたりも運転していていいモノ感として伝わってくる。日産リーフを氷上で走らせた時にも感じたことだが、・・・・・・・・・

3

4

[PR]

by ganbaremmc | 2018-02-20 20:09 | 三菱自動車 | Comments(9)

Commented by scsa at 2018-02-20 21:18 x
おおーなんという素晴らしいアップグレード!
これでレーンキープアシストも追加されていたら今すぐにでも買いに行きたいぜ!
Commented by 元三菱ファン at 2018-02-20 21:33 x
各社電動化電動化と言いながら結局内燃機排気量アップと言う傾向は如何な物?
Commented by PHEV at 2018-02-20 22:04 x
排気量アップによる低回転化でエンジンの音が静かになるなら良いね!
PHEVの最大で一番気になるのが発電中のエンジン音。
発電機が改良されればエンジンの小型化も可能と思うのだけど。エンジン走行モードの事を考えると悩ましいところなのかな?
Commented by 名無し at 2018-02-21 00:21 x
排気量は2割増しでパワーは1割増しか。
ゴーンがビーン(R.アトキンソン)に
似てるから採用じゃないだろうけど、
アトキンソンサイクルならそんなもんか。
1.5Lターボの方が良くない?
パワーアップより軽量化と低価格化を
した方が良いと思うけど。
Commented by ぽん at 2018-02-21 00:25 x
国沢さん、あんたがうらやましい。
「ブン回しまくってたから、わかりません!」などと好き勝手に書けるなんて。
大笑いするくらい無茶できて楽しめたんでしょうが。。。
Commented by 名無し at 2018-02-21 01:56 x
リンク先を読んだけど、国沢って馬鹿?
文章が途中で飛んでるのか何なのか、
話が繋がらないと言うか飛躍してるのか
よくわからんわ。
もっとまともな知能を持った人に
ちゃんとリポートして欲しいね。
Commented by cvcc at 2018-02-21 06:48 x
何気にライトとグリル含めて顔がちょっと変わってますね!
カッコイイと思います(^^)
そう言えば、2.4lに排気量拡大だと、日本では税金高くなっちゃいますね(^^;
Commented by 2019 at 2018-02-21 07:50 x
いやいや発電の効率をあげるためにわざわざエンジンをアトキンソンの2.4にしたのに1.5ターボ使ってどうするのw
Commented by XTO at 2018-02-21 11:12 x
リヤのリフレクターが鈍臭い形状で萎える。
テールランプも×。
フロントと中身のアップグレードはとても良い。
www.best-cooler.reviews

https://best-cooler.reviews

http://best-cooler.reviews/