スバル 新型3列シートSUV「アセント」価格

米国専用車で新型3列シートのSUV「アセント」の発売が今夏、
価格は日本円で335万円程度になりそうです。


記事を自動翻訳してみました。

2019年スバル・オーセント、32,970ドルでスタート、今夏に到着
スバルはBarkleyのスポークスドッグのファミリーを使って、新しい3列SUVのAscentについてのマーケティングメッセージを出しているが、今まではクロスオーバーの価格についてタイトになっていた。 Subieは今モデルが今夏発売されると、2019年の上昇が$ 975の目的地の後に$ 32,970の基本コストを運ぶことを発表しました。
料金設定では、アウトバックを考えている誰かがAscentを簡単に訪れることができます。同社の既存の小型クロスオーバーのミッドレンジ・リミット・トリムは、仕向け後33,610ドルで、プレミアムは、ステップダウンの範囲で28,910ドルとなります。
スバルは、ベース、プレミアム、リミテッド、ツーリングの4つのトリムレベルでアサインを提供します。すべてのモデルは、260馬力(194キロワット)と277ポンドフィート(376ニュートン・メートル)のトルクで、新しい2.4リットルのターボチャージャー・フラット4気筒エンジンを共有します。それは8スピードの走行モードでアップグレードされたCVTを通る。トルクベクタリングを備えた全輪駆動も標準です。
SubieのEyeSightドライバ支援技術のバージョンも標準です。この技術には、プリコリジョンブレーキングとスロットル管理、適応クルーズコントロール、車線逸脱警告、トレーラー揺れ警告などがあります。追加の安全オプションとしては、死角検出、車線変更アシスト、後部交通警報、ハイビームアシスト、逆自動ブレーキなどがあります。利用可能なヘッドアップディスプレイにEyeSightシステムの警告が表示されるようになりました。
内部には、すべてのモデルがAndroid AutoとApple CarPlayをサポートする6.5インチのインフォテイメントシステムを搭載しています。また、4つのUSBポート、3ゾーンの自動空調、19のカップホルダーがあります。座席の2番目と3番目の列は、貨物を運ぶために最大限の適応性を得るために60:40に分割されています。オプションの2列目のキャプテンチェアは、より高いレベルのトリム用に無償でご利用いただけます。
バイヤーは$ 35,170のためにプレミアムトリムにアップグレードし、いくつかのより良いアメニティを得ることができます。インフォテインメントシステムは8インチに拡大します。さらに、運転席はステアリングホイールとシフトノブ用のパワーシートと革製のパーツを手に入れます。後部の乗員には独自の気候調節機能があります。
範囲の上の次のステップは$ 39,970のための限られたトリムです。それはすべてのプレミアム機能を含み、さらに多くを追加します。外側には、ステアリングに反応するLEDヘッドライト、LEDフォグライト、追加のクロムアクセント、20インチホイールがあります。キャビンには革張りの布張り、調整可能な大腿部のサポート付きの運転席、2列目のドアのサンシェード、パワーハッチバックがあります。
最後に、レンジトッピングツーリングは45,670ドルの費用がかかりますが、SUVにはさらに多くの機能が搭載されています。例えば、サイドミラーには統合されたターンシグナルがあり、フロントアンダーボディガードとリアバンパープロテクターにはクロムがあります。内部には、木製のトリム、換気されたフロントシート、ナビゲーション、14スピーカーステレオ、パノラマムーンルーフがあります。



[PR]

by ganbaremmc | 2018-02-16 21:47 | スバル | Comments(1)

Commented by 未来 at 2018-02-17 08:14 x
この価格なら売れそうですね。
あとは燃費向上むゆ今後してもらえれば言うことなしです
www.1cs.com.ua

узнать больше apach.com.ua

ebags crew cooler ii