2017年4~12月期連結決算 マツダは増益。スバルは減益

マツダの2017年4~12月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比8%増の1100億円程度になりそうだ。利幅の厚い多目的スポーツ車(SUV)の販売が伸び、為替の円安が利益を押し上げた。一方、SUBARU(スバル)は完成車の無資格検査に関連する費用増などが響き、17年4~12月期の営業利益は2%減の3000億円程度にとどまりそうだ。 


マツダの売上高は5%増の2兆5000億円程度。
稼ぎの米国ではセダン系は振るわなかったが、CX-5が大幅増。
日本ではCX-8が好調。
中国での販売もよく、ユーロ安による恩恵で純利益が増加するようです。

スバルは発覚した無資格検査で、関連費用が膨らみ、減益となるが、
通期の業績予想は据え置くようです。


[PR]

by ganbaremmc | 2018-02-04 19:07 | スバル | Comments(5)

Commented by マツダ大好き at 2018-02-04 19:33 x
スバルは世界中で大流行りなSUVが少ない。
特にセダン等不況だ。
その点CX-3,4、5、8,9と5車種展開しているマツダが伸びるのは当たり前じゃないか?
そして、珍しいだけの水平対向エンジンよりも、ディーゼルエンジン2種とストロングハイブリッドまである。
まぁTHS2の移植するらしい次期レガシー、、、。それでもマツダに5年遅れている。WRX-STIなど作っている場合ではないように思える。
Commented by 名無し at 2018-02-04 20:17 x
スバルの1.5倍の台数売って利益1/3のマツダの方が遥かにヤバいでしょ
高利益率なはずの自称プレミアム路線大失敗してるやん
唯一伸びてる中国で利益ほぼ出ないEV売らなきゃいけないのに
Commented by 名無し at 2018-02-04 20:33 x
マツダはBセグのデミオをグローバルで満遍なく売ってるから台数が多いが、スバルとは収益構造が違うでしょう。
スバルは北米市場全振りで付加価値高めで利幅が大きい水平対向四駆に絞ってのこの成績。
しかも北米市場ではマツダより台数を売っている。別に悪いことではない。
それからマツダプレミアムの定義を取り違えてる。ドイツ御三家、レクサスと同定義のプレミアムとは違うよ。
Commented by 名無し at 2018-02-04 20:59 x
スバルは、中身が同じ車を違うように見せて売ってて、
マツダはサイズが違う車をそっくりさんにして売る。
そしてどちらもジワジワトヨタに吸収されてゆく。
Commented by 名無し at 2018-02-05 12:08 x
富士重は車以外も商売しとるやろ。
http://exstraeconom.kiev.ua

Наш авторитетный блог со статьями про шкаф с раздвижными дверями https://arbud-prom.com.ua/shkaf-s-razdvizhnymi-dveryami-ns
http://gefest-sv.kiev.ua