ホンダ、2モーター式HVシステムに廉価版

2018年01月23日 日刊自動車新聞より
ホンダは「アコード」などに搭載している2モーター式ハイブリッドシステム「i―MMD」の廉価版を開発する。「フィット」など小型車にはコストと燃費を両立した1モーターシステムを搭載しているが、より燃費性能に優れる2モーター式の搭載を広げる。・・・・・・・ http://www.netdenjd.com/

13ebbcb5e2

記事には、
「アコード」「オデッセイ」「ステップワゴン」などに搭載している2モーター式は、燃費性能は1モーター式よりも良いため、搭載車種を増やすことで、低コストをはかる。 日本で再販予定の「CR-V」、今夏に米国で生産・販売を予定している新型「インサイト」には、1.5Lと小排気量ながら2モーター式を採用。 ただ、1モーター式も今後は改良を続ける・・・・・ とありました。


[PR]
Commented by GIN at 2018-01-23 12:31 x
ただ、新型インサイトの燃費が、プリウスに届いていない…

デトロイトショーでの発表は、「EPA複合モードで50mpg以上」と。
プリウスが、52mpgなんで…どうなんだろう?
Commented by あのに at 2018-01-23 13:39 x
i-MMDベースと言うことはバッテリー削って、エンジンの駆動域を排気量に合わせて、ということでしょうか。
おそらく高速域の燃費性能が足を引っ張ってるのではないでしょうか。
国内の路上ではあまり差がないと予想します。
Commented by クルマニア at 2018-01-23 13:50 x
CR-Vのi-MMDって2リッターじゃなかったっけ?
Commented by 名無し at 2018-01-23 14:45 x
CR-Vは2リットルのハズですね。
ターボは1.5ですけど。
i-MMDのがi-DCDと違いバッテリー走行比率は上がるんで街乗りは良いんじゃないですかね?
by ganbaremmc | 2018-01-23 10:26 | ホンダ | Comments(4)