スバル社長「真に正しい会社に」 年頭訓示で

SUBARU(スバル)の吉永泰之社長は9日、
同社の2018年の仕事始めにあたり、
東京都内の本社で一般社員ら約500人を前に年頭のあいさつをした。

13ebbcb5e2

吉永社長は17年秋に発覚した完成車の無資格検査問題に触れ、
「顧客からの信頼を裏切る結果になった。
我々全員が深く反省する必要がある」と呼びかけた。
「真に正しい会社の姿に直せなかったら当社の未来はない」としたうえで、「一人ひとりが本当に緊張感、そして危機感を持って今回の事案(無資格検査問題)を捉えてほしい」と語った。 
一方、完成車の燃費自主検査のデータを書き換えた疑いが出ていることについては触れなかった。無資格検査に関する調査の過程で、一部の従業員が書き換えを指摘していた。同社は17年末に詳細を把握するための調査に着手したが、調査の進捗や中身、完了時期については「調査中としか言えない」(広報部)としている。
[PR]

by ganbaremmc | 2018-01-09 23:13 | スバル | Comments(1)

Commented by ツバル at 2018-01-11 14:16 x
あまりにも長い期間の不正だったから・・・
これから加速的に、トヨタのスバル部門的な流れになるのかな?と心配しています。
あと、社長はすぐやめるべきだと思います。
そして歴代の経営者たちには、退職金を返上してもらいたいですね。
коврик в детскую

В интеренете нашел полезный веб портал про направление www.eva-mebel.com.ua.
форекс мартингейл