「火力発電+EVは本当にエコ?」と疑問を呈すマツダ

「 『 火力発電所による発電がなくなるまでEVは不要だ 』 といえるレベルまで、内燃機関(エンジン)を改善する 」 

13ebbcb5e2


29年10月10日、山口県美祢(みね)市のマツダの自動車試験場。
社内で 「 ミスターエンジン 」 と呼ばれる人見光夫常務執行役員は、こう強調した。
人見氏は 「 あくまで内部の目標だ 」 とくぎを刺したが、「 EVこそが環境にとって善で、ガソリン車は悪 」 という風潮に対する異議申し立てに他ならない。 そして同日、マツダの“切り札”が姿を現した。人見氏が主導して開発した次世代ガソリンエンジン 「 スカイアクティブX 」 を搭載した車両だ。・・・・・・・・・
[PR]
Commented by 質実剛健 at 2018-01-02 06:47 x
明けましておめでとうございます。
EV車は昼間走り夜充電する。
EV車の電力供給は太陽光発電は不向き、火力発電に頼るのは本末転倒。
出力コントロールの難しい原子力発電は夜間に電力が余る。
EV車は原子力発電が前提のシステムだ。
原子力発電が使えないのならこのようなアプローチもあるだろうが普通に原子力発電が使える海外はガソリンエンジンの改良なんてアウトオブ眼中だろう。
Commented by まりも at 2018-01-03 01:46 x
ならばトヨタとEV作るのやめればいいのに(笑)
Commented by 斎宮 at 2018-01-04 13:31 x
事実だけど電気と電機製品を売りたい人達がEVを進めてるからそういう理屈だと平行線の議論になりそう。
by ganbaremmc | 2018-01-01 17:52 | マツダ | Comments(3)
http://avtopoliv-gazonov.kiev.ua

сколько стоит металлочерепица

Наш нужный веб портал про направление подростковая обувь для мальчиков https://kinder-style.com.ua