マツダ CX-8にデンソーの最新ピエゾ噴射を初採用

マツダが2017年12月14日に日本で発売する7人乗りのSUV「CX-8」。
排気量2.2Lのディーゼルエンジンを改良し、熱効率を高めながら騒音(ノック音)を抑えた。大きく貢献したのがデンソーの最新インジェクターで、短時間に6回連続で噴ける特徴がある。採用したのはマツダが初めてだ。 CX-8ではCX-5に比べて、前席の中央における音圧の変動水準は従来の約4dBから約2dBに、音圧の大きさを約2dBから約1dBに下げられた。・・・・・・・・・



[PR]
by ganbaremmc | 2017-12-12 20:09 | マツダ | Comments(0)
https://topobzor.info

www.topobzor.info

steroid-pharm.com