トヨタ内山田会長「EV、急拡大なら赤字に」

日本経済新聞  トヨタ内山田会長の取材より

「 そもそもEVはそれほど普及しない。急速に進めたらほとんどの自動車会社は採算がとれず赤字になってしまう。トヨタもそうだが、(中国での環境車販売義務などの)規制をクリアできるギリギリの台数でやる。CO2削減はEVでもFCVでもいいが、残念ながらFCVはインフラの問題がある 」 トヨタ内山田会長

 


――トヨタですら採算がとれないのですか。

「 (現状は)どの会社もとれないだろう。 EVのバッテリー量はハイブリッド車(HV)の5倍程度必要だ。プラグインハイブリッド車(PHV)の『プリウスPHV』はバッテリー量が3倍程度ですむが、コスト増にあえいでいる 」


――30年にはEVが新車販売の3割に達するとの予測もあります。

「 急速すぎる。トヨタの年間販売台数が900万台でそのうちHVは140万台。こんなにハイブリッドがあるようにみえても15%前後だ。我々がHVでここまでくるのに20年かかった。30年まであと13年。30%は不可能だと考える 」

「 各国が無理やり規制をかければ実現するかもしれないが、そんなことしたらめちゃくちゃになってしまう。消費者からも不満がでる。航続距離や充電時間、電池寿命など課題は多い。電池の技術革新があと数回生まれる必要がある。トヨタが開発している『全固体電池』でもまだ不十分。 車全部がEVになる時代は来ない 」
日本経済新聞


[PR]
Commented by 名無し at 2017-11-25 22:44 x
クールファイブはどこへ行った?
Commented by ert at 2017-11-26 11:59 x
トヨタがEVに本気になれないのは当然です。エンジン・トランスミッションの開発製造の体制が無に帰するなんて許せないのです。デジカメが普及し始めてもキャノン・ニコンは製品化は無視してましたが、デジカメの研究開発は行っていた。現在はミラレスも一眼デジカメもキャノン・ニコンがトップシェアです。
Commented by 名無し at 2017-11-26 16:00 x
EV移行が難しいのは電池の性能の問題が一番大きいが、かといって日本だけ突出して移行もできんだろ。
ガソリン・ディーゼル車規制とか言い出してる国も日本が先行してEV社会になったら自分のとこのガソリン・ディーゼル車が売れなくなって非関税障壁だとかわけわからん文句を言い出す。
世界のスピードに合わすしかない。
by ganbaremmc | 2017-11-25 21:12 | トヨタ | Comments(3)