スバル 無資格検査関連費用が100億から200億に

SUBARU(スバル)は16日、新車の無資格検査に伴うリコール(回収・無償修理)関連費用がこれまで想定していた100億円から200億円に増える見込みを明らかにした。2018年3月期通期の連結業績見通しには100億円分を織り込んでいるが、追加費用の計上時期が見込めないとして、現時点で業績見通しは修正していない。 費用の内訳は、16日に国土交通省へ届け出た約39万5000台のリコール作業と顧客への通知費用に加え、作業促進費用を計上。リコール作業を速やかに進めるため、通常の車検や12カ月点検の時期とリコール作業が重なる場合、重複する検査作業費用5万円を顧客に支払うという。 スバルは当初、リコール台数を約25万5000台と説明していた。



[PR]

by ganbaremmc | 2017-11-16 20:36 | スバル | Comments(0)

www.arbud-prom.com.ua

У нашей организации интересный веб портал на тематику www.progressive.com.kz.
cialis billig