マツダ、EVでロータリー技術復活 19年欧米に投入へ



マツダは2019年に、小型ロータリーエンジン搭載の電気自動車(EV)を米国と欧州に投入する。小型で高出力のロータリーエンジンを発電専用に使うことで、既存のEVに比べ走行距離が2倍に伸びる。米欧市場での環境規制の強化に対応する。マツダの技術力を象徴したロータリー技術がEVで復活する。ガソリンエンジンで作った電気でモーターを駆動し、走行する。車両に搭載する蓄電池の容量を抑えたり、航続距離を伸ばしたりできる。マツダは13年に試作車で小型車の航続距離をEVの2倍に伸ばすことに成功。

生産は国内で。日本での発売は需要をみて判断します。
なお、並行開発しているハイブリッドはエンジンとモーターで走行するタイプに。


[PR]

by ganbaremmc | 2017-11-06 08:50 | マツダ | Comments(1)

Commented by コージー at 2017-11-06 13:52 x
記事に説明が必要かと。ロータリーはレンジエクステンダーの電気自動車に発電専用として載せる。ハイブリッド車はガソリンとモーターって書いてあるけど、ロータリーもガソリンエンジンだけどハイブリッド車には使わない。レシプロ(アトキンソンサイクル?)エンジン+モーターのはず。
www.tsoydesign.com.ua

Узнайте про авторитетный веб портал , он описывает в статьях про купить ford focus https://ford.niko.ua
Узнайте про интересный сайт про направление табак щербетли biceps-ua.com/